DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

アツい名古屋

坂本真綾さんのファンクラブイベント「坂本真綾IDS! 10 th Anniversary EVENT 2013」の名古屋2ステージを観た。
ゼップ名古屋
名古屋駅前は、彼の「大名古屋ビルヂング」がなくなっていて風景が新鮮。
ゼップ名古屋のある笹島方面へ歩いて行く道は、同じ区域にある109シネマズへ行くために良く通った、懐かしい道。
しかし、ゼップ名古屋へ入るのは今回が初めて。

さて、今回のイベント、東京4公演、大阪1公演と観てきて、名古屋が一番アツかった。
真綾さんも「とりあえず最後」と言っていたが、そのせいかご本人も過去の公演よりもちょっとテンション高め。
観客もやたら真綾さんのトークに反応していて、真綾さんも「名古屋は良く話しかけてくるな」と言うほど。
アンコールの前には「マ・ア・ヤ!」というコールも。
これは通常のライブでもあまりなかったな。

昼の部では、サポートバンド「キューカンバーズ」のチェロ、笠原あやのさんが、国民的ドラマ「あまちゃん」に出演していたことが明かされた。
たしかに、鈴鹿ひろ美の後ろで演奏していた人に似ている人がいるなあ、と思っていたんだよね。

夜の部では、なんと観客が選ぶ2曲から初めて「tune the rainbow」が外れるという大波乱が。
これまでは、「tune the rainbow」が1位で、2位が「指輪」「プラチナ」のいずれかだったが、なんと2位に「奇跡の海」が。
1位は「指輪」。
これは真綾さん自身も「事件だ!」と驚いていた。
そして、アンコールでは真綾さんが歌いたかったけど、一度も選ばれなかったという「約束はいらない」を歌ってくれ、最終回らしく1曲多くサービスしてくれた。

さて、残るは10月20日の日比谷野音の公演を残すのみとなった。
野音は本当に久しぶりで、最後に行ったのは1987年7月4日のブルーハーツのライブ以来!!
実に26年ぶり、四半世紀ぶりだ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する