DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

白鷺

今日は姫路と倉敷へプチ旅行。

新大阪から特急で姫路へ。
まずは平成の大修理真っ盛りの姫路城へ。
姫路城1
「天空の白鷺」として、修理の様子を見学できる施設へ行った。
公式サイトはこちら。
なにしろ来年春には修理が終わって、この施設はなくなってしまうので、観に行くなら今のうち、である。
エレベーターで8階まで上がる。
姫路城2
天守閣が目と同じ高さである。
姫路城3
見学できるのは8階と7階。
7階では白壁の修理の様子が観察できる。
姫路城4
と言っても、もうほとんど修理が終わっている部分なので、修理の様子はビデオで解説してくれる。
修理しているのは天守閣のみなので、千姫が暮らしたという西の丸は内部を見学できる。
姫路城5
ぐるっと回って1時間余り。
ベンチで休んでいたら、世界遺産在住の猫が2匹。
姫路城6

続いて倉敷へ。
姫路から新幹線で岡山、そこから在来線に乗り換えた。
倉敷での目的は、その近代美術品の所蔵の豪華さで知られる大原美術館。
公式サイトはこちら。
倉敷1
はるばる来て良かった。
美術館は、公式サイトをご覧いただければ分かるが、とても個人の創設とは思えない。
それは建物もそうだし、所蔵品もそう。
エル・グレコやジャクソン・ポロックの作品に再び巡り会えたのもうれしかった。
この美術館は「美観地区」の中にあるので、周辺をぶらり。
倉敷2

倉敷3

倉敷4
平日だったが観光客や修学旅行(遠足?)とおぼしき団体がけっこういて、にぎやかだった。

お腹が空いたので、たまたま見つけた「小豆島ラーメンひしお」へ。
公式サイトはこちら。
注文したのは倉敷のみの「白壁そば」。
倉敷5
澄んだスープにラーメンらしくなく、どちらかというとうどんに近い感じの麺。
乗っているのは大根おろしとサワラの炙り。
サワラは酢で締めていてさっぱりした感じ。
以前、「ラーメンに酢を入れるとおいしい」と言われてやったら大失敗だったのだが、このラーメンはスープがあっさりしているので良く合う。
食後はオリーブサイダー。
倉敷6
メニューに書いてあった通り青リンゴに近い味。
店長さんが「醤油サイダーもいけますよ」というので、注文。
倉敷7
うん。醤油っぽさは感じず、どちらかというとコーラに近い。

倉敷は観るところがもっとありそうだったが、時間切れ。
在来線で岡山まで出て、新幹線で新大阪に戻った。

それにしても今日は台風一過の晴天が続いて暑かったが、姫路も倉敷もさわやかな風が吹いて気持ちの良い秋の行楽だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する