DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

宇宙と書いて「うみ」と読む

映画「キャプテン・ハーロック」を観た。
公式サイトはこちら。

宇宙へ飛び出した人類が、再び地球へ戻って来たとき、そのふくれあがった人口が元で戦争が起きた。
そして地球は不可侵の存在となった。
アルカディア号を駆るハーロックは政府に反旗を翻す宇宙海賊。
ヤマは兄で司令官のイソラから、ハーロック暗殺を命じられ、アルカディア号に乗り込む。
イソラはかつて、ヤマの起こした事故で下半身が不随となっていた。
そしてヤマは、イソラの妻でかつての幼なじみナミに惹かれていた。
ハーロックは99個の次元爆弾を宇宙の各所にセットし、100個目を地球に設置しようとしていた。
次元爆弾によって時間の結び目をほどき、宇宙をリセットしようというのだ。

ナミ役に坂本真綾さん。
監督は荒牧伸志。「アップルシード」「エクスマキナ」。

モーションキャプチャーCG作品だから、キャラクターの動きは滑らか。
これまでのモーションキャプチャーは、滑らかすぎてかえって動きが不自然に感じていたが、今作ではそれもなし。
アルカディア号のデザインは、初期のような鋭角なものではなく、大きなドクロ面の「銀河鉄道999」版に近いものになっている。

ジェームズ・キャメロンが絶賛したらしいが、うーん、どうだろう。
良くできてはいるが、クライマックスのオチが少々使い古された感じだったのが残念。
もうちょっと斬新な発想は出てこなかったのか。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する