DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

謹んでお礼申し上げます

宮崎駿監督が、引退を公式に発表した。
公式引退の辞全文はこちら。

思えば、小学生の時、「未来少年コナン」で、オープニングクレジットの最後の「監督 宮崎駿」を観てから彼の作品のファンになった。
それから「宮崎駿」の名前を追いかけながら成長したと言っても過言ではない。
高校時代、放送部でラジオドラマを作ったときも、頭の中には「宮崎駿」の名前があった。
ラジオドラマなのに、彼の真似をして絵コンテを切ったりした。
「風の谷のナウシカ」の初版本の表紙は厚紙でできていたので、すぐに擦り切れた。
最近は小難しい作品が多かったが、作品に書ける情熱は伝わってきた。
大人になって、その熱がうっとうしく感じられるようになったのかもしれない。
子供の頃の自分が、今の宮崎作品を観たら、どう感じるだろうか。

私の中で、宮崎作品のナンバー1は、この作品。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する