DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ツアー

月曜日から展覧会巡り。

横浜美術館「プーシキン美術館展」。
公式サイトはこちら。
プーシキン
ロシアのプーシキン美術館に集められた作品の数々。
17世紀から20世紀までの名画を観られるとあって、月曜日だったがそこそこ混んでいた。
夏休み中ということもあり、子供たちも鉛筆とメモ帳を手にお勉強。
これは、今回巡った展覧会のほとんどで見られた光景。
それにしても、その時代の画家たちの作品をまんべんなく集めているので、絵画の勉強にはちょうどいいか。

次はパシフィコ横浜「特別展 マンモスYUKA」。
公式サイトはこちら。
マンモス1
2010年にシベリアの永久凍土から掘り出されたマンモスのYUKAを中心とした博覧会。
展覧会の構成はゾウとマンモスの骨格の違いがしっかり解説されていて、勉強になった。
マンモス2
じっさいにマンモスの骨や毛に触れるコーナーも。
マンモス3
YUKAは撮影禁止だったので、彼女が収められているケース(奥の六角形の枠はケースの窓)を遠くから。
マンモス6
骨はすっかり取り出されているので皮だけなのだが、たしかに保存状態は抜群。
しかも頭蓋骨から脳が取り出せたというから驚きだ。
会場では、マンモスが食べていた植物や、同時期に生きていたサイやライオンなども紹介されていて、結構学術的。
マンモス5
夏休みの自由研究なら、プーシキンよりこちらの方がオススメ。
そして、マンモスと言えばこのキャラクター。
マンモス7
気が利いている。

1日目の最後は国立新美術館「アンドレアス・グルスキー展」。
公式サイトはこちら。
アンドレアス

いやあ、すばらしい。
一つのテーマを構成するミクロの要素、その一つ一つにしっかりピントが合っているという驚き。
近寄って観ても良し、離れて観ても良し。
いつまで観ていても飽きない。
もう一度観に行こう。

2日目は国立科学博物館「深海 挑戦のあゆみと驚異の生き物たち」展。
公式サイトはこちら。
深海1
今展覧会の音声ガイドは坂本真綾さん。
深海2
深海ツアーのガイドとダイオウイカの2役。
いやあ、マンモスよりもお子ちゃま率が高いw
しんかい6500。照明の当たり具合がいい。
深海3
深海の生き物の標本を展示している部屋は超満員。
深海4
ほとんど観られず。
期待のスケーリーフットの標本。
深海5
「鉄の鱗を持つ貝」。5〜6センチと意外と小さい。
いよいよダイオウイカの部屋へ。
まず出迎えるのはマッコウクジラの頭部模型。
深海6
裏側はその中の仕組み。
深海7
ダイオウイカの標本。
深海9

深海10
上には模型。
深海8
これがダイオウイカを引き寄せたLEDクラゲ。
深海11
こうした実際に使われた品々も展示。
なお、イラストレーターの寺田克也さんが描いたマッコウクジラとダイオウイカの絵は、JR上野駅の広小路口に。
深海12

おっと、科博では、あのはやぶさが採取したイトカワのかけらも展示中。
はやぶさ1
こんな顕微鏡で1人一度に1分だけ観察できる。
はやぶさ2
でもスクリーンに映った映像の方が鮮明w
ハヤブサ3

次は東京都美術館「ルーヴル美術館展 地中海4千年のものがたり」。
公式サイトはこちら。
ルーブル
ルーヴル美術館所蔵の「地中海」を巡る文明の歴史を、工芸品や美術品でひもとく展覧会。
細かい品々は人だかりでほとんど観られなかったが、「ギャビーのディアナ」など大型の展示物はじっくり観られた。
序章から第5章まで、その時代の勢力図をパネルにして解説していたのは良かった。
こちらも自由研究向き。

続いて三菱一号館美術館「幸代絵Floating World ー珠玉の斎藤コレクション」。
公式サイトはこちら。
浮世絵
過去に海外からの里戻り展は観たけれど、これは日本人が集めた浮世絵展。
趣向として面白いのは、浮世絵に影響を受けた西洋の画家の作品も展示してあるところ。
割と空いていて見やすかった。

ここで置いてあったチラシを見て行ったのが、東京ステーションギャラリー「大野麥風展 大日本魚類画集と博物画にみる魚たち」。
公式サイトはこちら。
大野
私は博物画というのも好きなジャンル。
大野麥風という画家は知らなかったが、その精密な絵が版画というのも驚き。
これも観ていて飽きない。
円谷プロでも仕事をしていた杉浦千里氏の博物画も展示されていて得した感じ。

2日目最後は東京現代美術館「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展。
公式サイトはこちら。
マンガ1
巨匠2人の原画が盛りだくさん。
じっくり観たかったが時間が・・・。
トキワ荘が再現されていたりも。
マンガ2
なぜかこのグループも参加。
マンガ3

3日目、ツアー最終日の今日は早く帰阪するつもりだったが、たまたま見かけた広告が気になって。
日本橋三越「生誕45周年 ウルトラセブン展」。
公式サイトはこちら。
セブン1
展示してある着ぐるみは再現されたものがほとんどだったが、それでもコスパは良かった。
もちろん、子供たちも多し。
セブン2
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する