DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

箱入り娘

映画「ポゼッション」を観た。
公式サイトはこちら。

妻ステファニーと離婚したクライドは、2人の娘と暮らす週末を楽しみにしていた。
ある日、ガレージセールで次女エミリーが1つの箱を買う。
箱は一見フタがないように見えたが、夜中に名前を呼ばれて目が覚めたエミリーが触ると簡単に開いた。
箱の中には奇妙な品々と「それ」が入っていた。
そして、それ以来エミリーは箱に執着するようになり、言動が異常になる。

クライドにジェフリー・ディーン・モーガン。「ウォッチメン」。
ステファニーにキーラ・セジウィック。「7月4日に生まれて」「フェノミナン」。
エミリーにナターシャ・カリス。
監督はオーレ・ボールネダル。今作が初見。
製作にサム・ライミ。

「事実を元にしている」、とのことで、公式サイトには元ネタの新聞記事が掲載されている。
まあ、その元ネタ自体が事実かどうか、怪しいものだが。

サム・ライミが手がけただけあって、薄気味悪さは期待通り。
エミリー役の子役も体を張ってがんばっているのも好感が持てる。
ただ、箱との対決が、映像がすごい割にあっけなくて残念。
もうちょい箱も粘って欲しかった。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する