DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

盛り込みすぎ

映画「オブリビオン」を観た。
公式サイトはこちら。

人類と異星人の戦いにより、地球から人類がいなくなった2077年の地球。
人類は木星のタイタンへ移住すべく、海水からエネルギーを生成していた。
そのプラントを守る無人機を管理するため、ジャックとヴィクトリアの2人は地球に設置されたタワーで暮らしていた。
ある日、荒野に宇宙船が墜落。
生き残った女性乗組員ジュリアは、ジャックのことを知っていた。
ジュリアは何者なのか。
ジャックを見張る謎の集団の正体は。

ジャックにトム・クルーズ。
ヴィクトリアにアンドレア・ライズブロー。「わたしを離さないで」に出ていたようだが。
ジュリアにオルガ・キュリレンコ。今作が初見。
謎の集団のリーダー・ビーチにモーダン・フリーマン。
監督はジョセフ・コシンスキー。「トロン:レガシー」。

うーん、どこかで観たような映像、プロットをつなぎ合わせた、という感じ。
プロダクション・デザインに新味がないのが残念。
ヴィクトリアが操作する通信機にしてもiPadそのまんま。
ジャックが乗る戦闘機が、コクピットがグルグル回転するという面白い構造なぐらい。
ストーリーも、なぜそこでバイクに乗る? なぜジャックとヴィクトリアなの? と、「そもそも」のところが分かりにくい。
ラストも、これまた「どこか」(日本の特撮映画)で観たような映像。
見ている最中は楽しめるけど、見終わった後はつまらなく感じる。
この監督は、こういう映画しか作れないのか。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する