DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

古式ゆかしき

映画「死霊のはらわた」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「EVIL DEAD」。

山奥の小屋に集まった5人。
目的は、ミアの薬物中毒を治療するため。
ミアの兄デビッドは恋人のナタリーを連れてきていた。
看護師のオリヴィアと、友人エリックはデビッドの幼なじみ。
小屋に入ったミアは変なにおいがするというが他の4人は気にとめない。
しかし、犬のグランパが地下への入り口を嗅ぎ出し、5人は広い地下室を見つける。
そこは、猫の死骸がぶら下がる不気味な部屋だった。
エリックは針金で縛られた包みを見つける。
包みの中は1冊の書物だった。
中は意味不明の文字と不気味な絵が書かれており、エリックは禁断の言葉をつぶやいてしまう。
そして、ミアに異変が起こった。

ミアにジェーン・レヴィ。今作が初見。
デヴィッドにシャイロ・フェルナンデス。「赤ずきん」ではアマンダ・サイフリッドの幼なじみ役。
オリヴィアにジェシカ・ルーカス。「クローバー・フィールド」にも出演。
ナタリーにエリザベス・ブラックモア。
エリックにルー・テイラー・プッチ。以上2人は不詳。
監督にフェデ・アルバレス。今作が本格的なデビュー作のよう。
プロデューサーの1人には初代「死霊のはらわた」監督のサム・ライミ。

ライミ監督の「死霊のはらわた」は81年公開。
いわゆるスプラッター・ホラーもののはしりとして有名。
今作もスプラッターぶりは健在で、血がドバドバ。
「痛い」シーンが苦手な人はやめておいた方がいいだろう。

スプラッターものは、集まった若者のうち、どの順番で殺されるのかを予想するするのも楽しみ(笑)の一つだが、私は、ナタリー、エリック、オリヴィア、デヴィッド、ミラと踏んだが、見事に外れた。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する