DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

連休1

今年の私の「黄金週間」は今週と来週の2連休2回のみ。
その貴重な1回目の連休。

24日は、午前中に上京。
銀座松屋で開催中の「スヌーピー×日本の匠展」へ。
公式サイトはこちら。
スヌーピー

これは「ピーナツ」の作者シュルツさんと友好のあるアーティスト・大谷芳照さんの呼びかけに応じて、日本各地の伝統工芸家が、それぞれの分野でスヌーピーを表現するというもの。
書あり、木彫りあり、ガラスあり、陶芸ありとバラエティーに富んでいて、表情豊かな作品群が楽しめる。
ショップでは思わず大谷さんの作品を大人買いしてしまったが、落とし穴が・・・。

昼は日比谷クーリエでミュージカル「トゥモローモーニング」の千秋楽。
公式サイトはこちら。
トゥモロー1
トゥモロー2

今年の正月に観た「ミス・サイゴン」で初めて生の歌声を聞いて感動した新妻聖子さんが出演。
大御所・島田歌穂さん(私にとってはロビンちゃん)も出演しているのだが、これもまた迫力の歌声。

夜はbunkamuraオーチャードホールで坂本真綾さんのライブツアー「LIVE TOUR 2013 "Roots of SSW"」の東京公演1日目に参加。
bunkamuraミュージアムは何度も来ているが、オーチャードホールは初めて。
真綾1

真綾2

大阪では、最初の2曲はスタンディング、それから着席、終盤の「なりたい」から再びスタンディング、という流れだったが、東京の観客は終盤のメドレーまで着席が多数。
うーん、これまでの4公演の情報が伝わっていたせいかもしれないが、冷めすぎてやしないか?

翌25日は、昼過ぎまで上野で美術館、博物館巡り。
まずは国立博物館で「グレートジャーニー 人類の旅」展。
公式サイトはこちら。
ジャーニー1

冒険家・関野吉晴さんが旅したアフリカから世界各地への、人類の足跡をたどる旅。
その旅をパネルと展示物、映像で追体験する展覧会。
規模自体は大きいものではなく、展示物も「干し首」や世界最古のミイラ、ラエトリ猿人の復元など「目玉」はあるものの、それ以外はおとなしいものばかり。
これは最大の展示物、インドネシアから石垣島まで旅した「縄文号」。
ジャーニー2
しかし、展示されているパネルをじっくり読むと、人類の「未来」がおぼろげながら見えてくるような・・・。
これは猿人の実物大復元模型。モデルは某お笑い芸人。
ジャーニー3
ジャーニー4

次に東京国立博物館で「大神社展」。
公式サイトはこちら。
大神社展

伊勢神宮の式年遷宮にちなんで、全国各地の神社に収められている国宝や重要文化財などを集めた展覧会。
いやあ、当たり前だが、古いものばかり。
しかし、その保存状態の良さは、目を見張るものばかり。
これは世界に誇ってもいいだろう。
しかし、地味!
浅学な私は音声ガイドを聞きながら「へえー」「ほおー」と思うばかり。

最後は東京都美術館で「レオナルド・ダ・ヴィンチ展ー天才の肖像」。
公式サイトはこちら。
ダヴィンチ1

これまでもダ・ヴィンチを取り上げた展覧会はあったが、当然のことながら本人の手によるものの展示は少なく、あとは弟子や薫陶を受けた画家たちによる作品が、ほとんど。
今回もダ・ヴィンチ本人の絵画は少ないが、「アトランティコ手稿」と呼ばれるメモが22点も展示されていて、その点では興味深い展覧会だった。

いったん宿に戻って、前日に購入したスヌーピーグッズを確認したら、なんと6枚購入したA3サイズのポスターのうち、2枚に中身が入っていないではないか!
しようがないのでレシートを持って再び銀座へ。
当然のことだが、中身の入っているものと交換してもらったが、これが大阪に帰ってからだったらとんでもなく面倒なことになっていたに違いない。

夜は再びbunkamuraオーチャードホールで坂本真綾さんのライブツアー「LIVE TOUR 2013 "Roots of SSW"」のツアー最終日に参加。
真綾3

今回は最初の2曲スタンディング、着席、「なりたい」でスタンディングと、大阪と同じ流れ。
最終日ということもあって、観客もコアな人が多かったのか。
で、最後にバンマス河野伸さんから真綾さんに「SSW認定証」が授与されるというサプライズ。
ライブツアーを成功させたことにより、真綾さんをシンガーソングライターと認定するというもの。
おそらく、バースデーサプライズを断念させられたスタッフの「仕返し」ではなかろうか。

来週は私の黄金週間最後の連休。
もちろん美術館巡りですよ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する