DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

あらしの前に

久々の連休。
上京し、美術館と博物館巡り。

bumkamuraミュージアム「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展。
公式サイトはこちら。
これまでも色々な展覧会でその作品を観てきたが、今回の展覧会では、ルーベンスの作品よりも、彼の工房の作品が作り出した作品がメインといえる。
「ロムルスとレムスの発見」や「復活のキリスト」など、日本初公開の大作もさることながら、リュカス・フォルステルマンの手による版画は見応えがあった。

三菱一号館美術館「奇跡のクラーク・コレクションールノワールとフランス絵画の傑作ー」展。
公式サイトはこちら。
「クラコレ」と略すセンスはいかがかと思うが、ルノワール、コロー、ミレー、マネ、ピサロ、モネなど人気の作品が一堂に観られたのは良かった。
個人的にはルノワールの肖像画は好みではないが、風景画は好きだ。

東京国立近代美術館「フランシス・ベーコン展」。
公式サイトはこちら。
40年代のすさまじい暴力性を帯びた作風から、肉体を中心に描くようになった晩年の作品まで、非常に興味深い展覧会だった。
昨年の「ジャクソン・ポロック展」もそうだったが、印象派などを取り上げる展覧会に比べて、明らかに観客の年齢層が若い。

東京国立博物館「飛騨の円空ー千光寺とその周辺の足跡ー」。
公式サイトはこちら。
ぎりぎり最終日に観ることができた。
以前から興味のあった円空仏。
これだけ観られる展覧会もそうないだろう。

国立西洋美術館「ラファエロ」展。
公式サイトはこちら。
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともにルネサンス期の大家。
日本初公開の「大公の聖母」をはじめとする大作もいいが、素描も紹介されているのがいい。
今月末には「レオナルド・ダ・ヴィンチ展ー天才の肖像」展(公式サイトはこちら)も控えており、こちらも楽しみ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する