DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ターミネーターをひとひねり

映画「LOOPER ルーパー」を観た。
公式サイトはこちら。

念動力を持つエスパーが認知されている近未来の、さらに30年後。
その世界ではタイムマシンが発明されていたが、犯罪者組織が悪用していた。
それは、消したい人物を過去に送り、そこで待ち受けた「ルーパー」という暗殺者に殺させるのである。
30年前の方が死体の処理が楽、というのがその理由。
報酬は銀の延べ棒。
しかし、ルーパー自身も、未来で「用済み」と判断されると、自分が送られてきて、自分で自分を殺すことになる。
その報酬は金塊。
ルーパーのジョーは、いつものように時間前に約束の場所に到着。
未来から送られてくる人物を待っていたが、時間が過ぎてもやってこない。
そして、遅れてやってきたのは、なんと30年後の自分。
ジョーはオールド・ジョーを打ち損じ、逃げられてしまう。
なぜオールド・ジョーは過去にやってきたのか。

ジョーにはジョゼフ・ゴードン=レヴィット。「インセプション」「ダークナイト ライジング」。
オールド・ジョーにはブルース・ウィリス。
ジョーが出会う農場主サラにエミリー・ブラント。近作では「砂漠でサーモン・フィッシング」。
監督はライアン・ジョンソン。今作が初見。

こういうタイムトラベルものは、タイム・パラドックスをどう解決するかが腕の見せ所。
なにしろ、現在での一挙手一投足が、未来を変えることになるからだ。
もし、未来の自分が現在に来たら、その未来の自分の記憶はどうなるのか。
もし、未来の自分が、自分の親を殺したら、未来の自分を含めた自分はどうなるのか。
ただ、せっかくお金を払って観に来ているのだから、矛盾点をあら探しするより、純粋にストーリーを楽しんだ方が良い。

今作の場合も、パラドックスは置いといて、後半のストーリー展開を楽しむに限る。
まさか、そんなラストを選ぶとは、と思うに違いない。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する