DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

最後の千秋楽

上京1日目は森美術館「会田誠展 天才でごめんなさい」を観た。
公式サイトはこちら。
会田誠氏の絵を初めて見たのは、2011年9月の「ジパング展」。
今回の展覧会は、氏の美術館での初個展ということで、期待して観に行った。
作品は初期のものから最新の、というか制作中のものまで、氏の足跡をたどるように展示されていた。
91年制作の「あぜ道」は作品保護のため来月で展示が終わるそうなので、気になる方は早く観に行った方がいいだろう。
ただし、「刺激」の強い作品もあるので、注意が必要(笑)。
会田2
会田誠注意
作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


特に刺激が強い作品のために「18禁部屋」が設置してあるが、その部屋に入らなければ、この個展に来た意味はないだろう。
「美術手帖」の最新号も、会田誠特集なので、「予習」にはうってつけ。


上京2日目は、bunkamura「白隠展」へ。
公式サイトはこちら。
禅僧の白隠が残した絵画や書を一堂に集めた展覧会。
時間つぶしのつもりだったが、いや、なかなか見応えのある展覧会だった。

その後、メインイベントのシアタークリエ「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」の再公演千秋楽へ。
ダディ1
ダディ2

昨年10月の福岡公演が、初演の大千秋楽だったが、今回は再公演の千秋楽。
いやあ、やっぱり真綾さんの歌声はいいね。
耳に優しい。
3月にはニューアルバムをひっさげてのツアーもあるので、そちらも楽しみ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する