DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

事実は奇なり

映画「アルゴ」を観た。
公式サイトはこちら。

1979年11月、イラン革命に伴う暴動でアメリカ大使館が占拠される。
逃げ出しだ6人の大使館員は、カナダの大使邸に逃げ込む。
CIAはその6人を救出すべく、人質脱出の専門家トニーは、SF映画「アルゴ」をでっち上げ、そのロケハンと称してイランに潜入。
6人をスタッフに仕立て上げて脱出をはかる。

監督と主役のトニーにベン・アフレック。

嘘のような実話である。
折しも世界には「スター・ウォーズ」旋風が吹き荒れていた頃。
トニーは「猿の惑星」の何作目だったかのテレビ放映を観て、この作戦を思いつく。

クライマックスは、ハラハラしどおしだった。
なかなかの良作。

★★★★☆


スター・ウォーズと言えば、ルーカス・フィルムがディズニーに買収されることになった。
ニュースソースはこちら。
で、エピソード7が製作されるという。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する