DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

シンプル

映画「推理作家ポー 最期の5日間」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「THE RAVEN」=大鴉。

1849年、ボルチモアで密室殺人が発生。
刑事フィールズはその殺害方法が、エドガー・アラン・ポーの著作になぞらえていることに気づく。
一方のポーは「スランプ」で酒浸りの日々を送っていたが、恋人エミリーに救われていた。
そのエミリーが何者かによって誘拐され、ポーの元に挑戦状が届く。
ポーと殺人鬼との知恵比べが始まった。

ポーにジョン・キューザック。「1408号室」でも作家役。
フィールズにルーク・エヴァンス。「インモータルズ」でゼウス、「タイタンの戦い」でアポロを演じた2枚目。
エミリーにアリス・イブ。「メン・イン・ブラック3」の若い頃のO役。
監督はジェームズ・マクティーグ。「Vフォー・ヴェンデッタ」は好き嫌いが分かれるかも。

ポーの作品は、「黒猫」を読んだことがあるだけ。
実際、ポーは奇怪な死を遂げているのだが、こういう解釈もありか。
推理小説の通りに殺人事件が起こり、それを読み解く、というのは火サスあたりでも取り上げているテーマだろう。
筋書きとしては非常にシンプル。
では退屈かというと、テンポが良いので飽きさせない。
ただ、犯人が最後の最後でバレちゃったり、ラストも無理矢理不可思議な方向へ持っていこうとした感じがあって、そこは残念。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する