DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

もののけ姫

映画「スノーホワイト」を観た。
公式サイトはこちら。

王妃が、1人娘スノーホワイトとマグナス王を残して逝った。
と同時に、王国に謎の軍団が争いを仕掛けてくる。
マグナス王はその軍団を蹴散らすとともに、囚われていた美女ラベンナを救い、新しい妃とする。
しかし、魔女のラベンナは王を殺害し、スノーホワイトを塔に封じ込める。
王国の実権を握ったラベンナは、若さを保つため、魔法の鏡の指示するとおり、若い女の精力を吸い取っていた。
数年が経ち、鏡は成長したスノーホワイトがラベンナより美しくなると予言。
ラベンナは永遠の美貌を手に入れるため、スノーホワイトの心臓を手に入れようとするが逃げられてしまう。
黒い森に逃げ込んだスノーホワイトを捕まえるため、ラベンナはハンターのエリックを遣わす。

スノーホワイトにクリステン・スチュワート。「トワイライト」は観ていない。
ラベンナにシャーリーズ・セロン。
エリックにクリス・ヘムズワース。「マイティ・ソー」。
監督はルバート・サンダース。今作がメジャー・デビューのようだ。

「戦う白雪姫」が斬新。
ただ、何年も幽閉されていた割に世間慣れしているというか、たくましいというか。
ラベンナはセロンの希望でただの魔女ではなく、その不幸な生い立ちも垣間見える役柄にしたそうだが、ひょっとしたらエリックの役柄の方が深みがあったからかもしれない。
もっとも原題が「Snow White & the Huntsman」なので、仕方ないか。

途中、もののけ姫の「シシ神」が出てきてからは、どうにもスノーホワイトがサンに、ラベンナがエボシ御前に、エリックがアシタカに見えてしょうがなかった。
まさか「戦う姫」のアイデアはそこから?

私が観たのはスノーホワイトを坂本真綾さんがやっている吹き替え版。
ラベンナは小雪だが、迫力が今ひとつ。
真綾さんとの力の差は歴然。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する