DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

大和だって空を飛んだのに

映画「バトルシップ」を観た。
公式サイトはこちら。

ハワイ。
トラブルを起こしたアレックスは、愛想を尽かした兄に半ば強引に海軍に入れられる。
その頃、ハワイの天文台から地球型の惑星に向けて強力な電波が発射される。
大尉になったアレックスは、海上自衛隊も参加する海上演習に参加するが、宇宙から巨大な物体が降ってくる。
その物体=異星人の船は、ハワイを囲むように物体や電波を通さないバリアを張ると、攻撃してきた戦艦をあっという間に沈めてしまう。
アレックスは、海自のナガタら生き残った兵士たちと異星人に立ち向かう。

アレックスにテイラー・キッチュ。ついさっき観た「ジョン・カター」のカーター役。
海軍総督にリーアム・ニーソン。
ナガタに浅野忠信。
監督はピーター・バーグ。役者でもある。

「トランスフォーマー」の制作陣が参加しているだけあって、異星人の侵略シーンやメカもそれらしい物が次々登場。
ではなぜ海が舞台かというと、異星人の船が海に落っこちたから。
どう見ても不利な状況としか思えない(実際、ぎこちない動きでしか海上を移動できない)のだが、
陸上に上がってしまうと肝心の海上戦闘シーンがなくなってしまうからね。
また、物体を通さないバリアというのも、苦肉の、いや、よく考えられたアイデア。
そうしないと戦闘機にバンバン攻撃されるからね。
とにかく艦船好きにはたまらない映画だろう。

★★☆☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する