DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

見納め

今日は奈良県吉野山の桜を観に行ってきた。
もう1週間ほど前に行くべきだったが、なんだかんだと予定が入っていた。
「吉野山桜情報」のホームページによると、下千本と中千本は散り始め。
行くなら今日しかない。

大阪から近鉄の急行で行ったが、土曜日の割にそんなに混雑していない。
「散り始めているからね」とは別の乗客の話。

吉野駅に着くと、桜吹雪が出迎えてくれた。
これはこれで風情がある。
駅周辺の下千本は「散り始め」というよりすでに「散り果て」に近い状況。

「満開」という上千本を求め、シャトルバスで吉野中千本公園へ。
そこからは徒歩で吉野水分(みくまり)神社へ向かう。
朝9時半を回った頃だったが、ここまで来ると、さすがに観光客が多い。
舗装はされているものの、吉野山だけあって、急な坂道を登っていく。
道々、眼下に広がる桜を眺めつつ一服する。

吉野桜1

吉野桜2

吉野桜3

休憩しながらだったので、神社までは1時間あまり。
お参りしてから、休憩なしで一気にシャトルバス乗り場まで下る。
途中、奥千本へ向かうバス乗り場を通ったが、行きの時よりもさらに行列が伸びていた。
一瞬「奥千本」も観ようかな、と思ったが、予定通り、昼の電車で帰ることにする。

すでに正午を回っていたが、吉野駅からは続々と観光客が。
案の定、夕方の特急はすでに2便売り切れ。
名物・柿の葉寿司を買って、帰路についた。

それにしても久しぶりの山道だった。
こりゃ明後日は筋肉痛だな。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する