DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

人生が一転

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」を観た。
公式サイトはこちら。

ラジオ局に勤める27歳のアダムは、腰痛の原因を調べるため病院へ行く。
そこで待っていたのは、医師からのガン宣告。
「酒もたばこもやらないのに?」
5年後の生存率は50%だという。
親友で同僚のカイルは、励まそうといろいろ気を遣ってくれるが、
恋人は離れ、アルツハイマー病の父と暮らす母親は過剰なまでに世話を焼こうとする。
そんなアダムの不安を取り除こうと、新米セラピストのキャサリンは手を尽くしてくれる。
しかし、ガンは進行。
アダムの心は次第にふさいでいく・・・。

アダムにジョセフ・ゴードン・レヴィット。「(500)日のサマー」「インセプション」で好感を持った俳優。
キャサリンにアナ・ケンドリック。「マイレージ、マイライフ」では好演。
カイルにセス・ローゲン。今作が所見。
監督はジョナサン・レヴィン。これも、今作が所見。

まじめな顔で軽妙な演技をするゴードン・レヴィットに尽きる。
ガン闘病という、ともすれば暗くなりがちなテーマを、
時に笑いを交えて、でも、心の不安をふっと漂わせる。
アナ・ケンドリックも、イメージ通りの真面目なカウンセラーを真面目に演じている。
セス・ローゲンも、女好きなんだけど、でもアダムのことをいつも気にかけている親友を好演。
監督と役者たちの息の合った良作。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する