DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

理論

映画「マネーボール」を観た。
公式サイトはこちら。
メジャーリーグ・アスレチックスを巡る実話。
貧乏球団アスレチックスは、活躍した選手を金満球団に吸い上げられる「ファーム」のような球団。
スカウトの旧泰然とした姿勢に嫌気がさしていたGMのビリーは、
ライバル球団から、選手の分析の天才ピーターを引き抜き、チームの改革に乗り出す。
その理論は、評論家のみならず、身内のスタッフや監督からも批判される。
しかし、強引な方法でその理論を実践すると、チームは連勝街道を走り続けることになる。

監督は、ベネット・ミラー。今作が初見。
ビリーにブラッド・ピット。
ピーターにジョナ・ヒル。

原作は、マイケル・ルイス著「マネー・ボール」。
【送料無料】マネー・ボール

楽天ブックス【送料無料】マネー・ボール
価格:798円(税込、送料別)



私は2004年の初版本を読んだが、正直、映画の方が数倍面白い(当たり前か)。
映画では気に入らないことがあると机をひっくり返していたが、
実際のビリー・ビーンも非常に短気らしい。
選手として大成しなかった自分への苛立ちと、勝利への飽くなき探求心。
ブラッド・ピットはよく演じていたと思う。
効いているのは、ビリーの娘役のケリス・ドーシー。
彼女の前では普通の父親に戻るビーン。
彼女がいたからビーンは自分の理論を貫き通せたのかもしれない。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する