DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

金に目のないエイリアン

映画「カウボーイ&エイリアン」を観た。
公式サイトはこちら。

西部開拓時代。
荒野で目覚めた1人の男。
左手首には得体の知れない装置がはめられ、右脇腹には撃たれたような傷が。
男はなぜここにいるのか、自分が何者なのか、思い出せない。
男は通りがかりにいちゃもんをつけてきた3人をあっという間にのすと、靴や馬を奪う。
やがて街にたどり着くが、そこで自分がお尋ね者のジェイク・ロネガンだと知る。
その街を牛耳っている元軍人ダラーハイドが、ジェイクとトラブルを起こした息子を引き取りに来たとき、謎の飛行物体が街に攻撃を仕掛けてくる。
しかも、次々に人にロープのようなものを絡めては、さらって行く。
とっさにジェイクは手首の装置で飛行物体を撃破。
ジェイクは、彼を必要だと言う謎の女性エラ、息子を取り戻そうとするダラーハイドと共に飛行物体の後を追う。

ジェイクにダニエル・クレイグ。007。
ダラーハイドにはハリソン・フォード。インディ・ジョーンズ。
エラはオリヴィア・ワイルド。「トロン:レガシー」や「スリーデイズ」にも出てた。
監督はジョン・ファブロー。アイアンマン。

テンポが良くて、飽きさせない。
しかし、ジェイクの描き方が今ひとつ物足りない。
ハリソン・フォードは基本「オレ様」だけど、ちょい優しいという役柄を良く演じていたからだろうか。
記憶を失っていたときと戻ってきたときが、あまり変わらないのが、残念。
エラの設定もちょっとしたサプライズではあるのだが、その前にそれなりに匂わしてもよかったのでは。

それにしてもエイリアンのデザインが、最近よくみる爬虫類と昆虫を足して2で割ったような感じなのは、何とかならなかったものか。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する