DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

千秋楽

坂本真綾さんのツアー、You can't catch meツアーの仙台公演にして今ツアーの千秋楽。
立ち見なので見づらいのは覚悟していたが、ここまでとは!(笑)
整理番号が460番台だから仕方ないのだが、ほとんど最後列。
それでも前にいる人たちの頭の隙間から真綾さんの御尊顔はかろうじて見えていた。
このまま動かないでくれ、と念じていたが、真綾さんの衣裳替えの時に倒れてしまった人が出て、その混乱が収まってから、まったくステージが見えなくなってしまった。
ただ、アンコールは再び見えるようになったので、終わり良ければすべて良しとするか。
セットリストは、東京国際フォーラムと同じ。デビュー15周年といことで演奏したのは「約束はいらない」。
「今日はメンバーみんながウルウルしている」。と言っていたが、「everywhere」の時に、ついに真綾さんの声が震え出した。
しかし、お約束の「ポケットを空にして」まで、何とか笑顔で歌い切った。
真綾さんも長いツアーだったろうが、7公演を追いかけた私にとっても長かった。
でも、改めて坂本真綾という表現者の魅力を再認識した2カ月半だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する