DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

なぜ?

ジャングル写楽が逝った。

床材が、フンをしているわけでもないのに濡れて汚れていた。
水入れから出たときに濡らしたのか、と思って取り替えようとしたら、
写楽の体がぐったりして、すでに呼吸をしていなかった。

風邪はひいていなかったが、先月23日に食べてから、拒食状態になっていた。
ちょうど寒さがピークだったので、プレートヒーターを追加して温度を上げ、様子を見ていたのだが。

この個体は額にもう一つ目があるような模様があってお気に入りの1匹だった。
写楽090520

とってもショック。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

相次ぐ不幸、ご心中お察しします。
うちでも何匹か感染した蛇の風邪ですが、進行を遅らせることはできても、完治させることは出来ずに、結局餌を食べなくなり(もしくは食べても吐いて)亡くなってしまう事ばかりでした。こちらでもやはりアンタレシアとモレリアとパイソンには感染しましたが、それ以外には今の所症状は見られません。この3属に関しては特に導入のとき注意して行こうと思ってます。
早く暖かくなるといいですね。これからも、頑張ってください。

Masa | URL | 2011年02月12日(Sat)12:27 [EDIT]


Masaさん>

そうなんですよねぇ。完治する(しているようにみえる)個体はいるにはいるのですが、その個体とダメだった個体との違いというと、正直よくわかりません。
ただ、幼体や亜成体は、体力的にも完治は難しいように思います。
それから食欲が一度なくなるとまず助からないようです。
投薬はやらないよりはやった方が、少なくとも「投薬した方がよかったのか」という後悔の念に苛まれることはありませんが。
非常に後ろ向きな考え方ですけど。

dendrobates | URL | 2011年02月14日(Mon)18:33 [EDIT]