DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

静かなサスペンス

映画「午後8時の訪問者」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「La fille inconnue」。

診療所で働く代理の医師ジェニー。
研修医を叱っていたその時、ドアのブザーが鳴らされる。
応答しようとした研修医をジェニーは「診療時間外だから」と止める。
しかし、翌日、少女の遺体が発見され、彼女がブザーを鳴らしたことが分かる。
「あの時受け入れていたら」と自責の念にさいなまれるジェニー。
独自に少女の身元を調べるが・・・。
監督はジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟。「サンドラの週末」。

身近な問題を冷静な目で見つめ続ける姿勢は「サンドラの週末」同様。
テーマは一見サスペンス風なのだが、アクションもなければ銃も派手な暴力もない。
ジェニーを淡々と追いながら、徐々に明らかにされるフランス社会の闇の部分。
傑作である。

★★★☆☆

スポンサーサイト

PageTop

人災

映画「バーニング・オーシャン」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Deepwater Horizon」。

メキシコ湾に浮かぶ油井ディープウォーター・ホライズン。
技師のマイクは、主任のジミー、操縦士のアンドレアらと共に、2週間の勤務につくためヘリで到着した。
ジミーはBP社幹部のヴィドリンが必要なテストを行っていないことに腹を立てるが、簡易テストを実施することで折り合う。
しかし、海底では不気味な泡が次々と吹き出ていた。

マイクにマーク・ウォールバーグ。「テッド」「トランスフォーマー」新シリーズ。
ジミーにカート・ラッセル。「ヘイトフル・エイト」。
アンドレアにジーナ・ロドリゲス。今作が初見。
ヴィドリンにジョン・マルコヴィッチ。「ウォーム・ボディーズ」「バーン・アフター・リーディング」。
マイクの妻フェリシアにケイト・ハドソン。今作が初見。
監督はピーター・バーグ。「ローン・サバイバー」「バトルシップ」。

2010年に起きた原油流出事故。
油まみれになった海鳥の映像は、記憶に新しい。
その原因となった油井の爆発事故。
映画では、工期の遅れを焦る親会社の幹部が「悪」で、掘削業者は「善」のように描かれているが、事故を起こしたという点では同罪だろう。
11人の命が奪われたという事実は揺るがない。

予告編では緊迫した脱出劇が繰り広げられているかのようだったが、時々炎にあぶられる程度で、作品としては緊迫感に欠ける。
パニック映画の名作「タワーリング・インフェルノ」には及ばない。

★★★☆☆

PageTop

泣いた

映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」を観た。
公式サイトはこちら。

インドの田舎町に住む5歳のサルーは、仲良しの兄グドゥに連れられて、石炭を貨物列車からちょろまかしたり、客車の中をあさって小銭を集めたりして、貧しい家計の足しにしていた。
ある日、グドゥに無理矢理ついてって大きな駅に着いたサルーは、回送列車の中で寝込んでしまう。
気づいたときは、列車は走り出していて、回送ゆえドアが開くこともなく、コルカタまでたどり着いてしまった。
施設に入ったサルーは、そこでオーストラリアに住むスーとジョンの夫婦の養子になることを薦められる。
そして二十数年。
成人したサルーは、友人のパーティで、幼い頃に兄にねだった揚げ菓子を目にする。
そして、自分の故郷を探すべく、グーグルアースを開く。

成人したサルーにデーヴ・パテール。「チャッピー」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」。
サルーの恋人ルーシーにルーニー・マーラ。「キャロル」。
スーにニコール・キッドマン。「虹蛇と眠る女」「リピーテッド」。
ジョンにデビッド・ウェナム。「300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜」。
監督はガース・デイヴィス。本作が長編デビュー。

実話を元にした作品だが、まさに「事実は小説よりも奇なり」である。
幼少時代のサルーを演じたサニー・パワールの演技も素晴らしいものがあった。
幼少から成人までを描く映画は、成人時代の方が長いものだが、本作のほぼ半分くらいは幼少時代。
サニーの演技を見れば、それもうなずける。

それにしても、映画を見て、涙が頬を伝って流れるほど心を揺り動かされたのは初めて。

★★★★☆

PageTop

3人目

映画「パセンジャー」を観た。
公式サイトはこちら。

120年かけて移民星へ向かう巨大な宇宙船。
コールドスリープ装置の故障で予定の90年も早く目覚めてしまった技術者のジム。
途方に暮れるジムだが、唯一の話し相手はバーテンダーのアンドロイド、アーサー。
1年後、たまたまコールドスリープ中のオーロラを見たジムは、彼女を目覚めさせる。
2人は愛し合うようになるが、宇宙船に異常が発生する。

ジムにクリス・プラット。「マグニフィセント・セブン」「ジュラシック・ワールド」。
オーロラにジェニファー・ローレンス。「X-MEN」シリーズ。
アーサーにマイケル・シーン。「ミッドナイト・イン・パリ」。
甲板長ガスにローレンス・フィッシュバーン。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。
監督はモルテン・ティルドゥム。「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」。

予告編ではオーロラも偶然目覚めてしまったのかと思っていたのだが、実はジムの仕業。

実は個人的にジェニファー・ローレンスは「ウィンターズ・ボーン」以外は今ひとつ評価できなかったのだが、今作ではちょっとお高くとまった感じの作家をうまく演じていたと思う。
ジムにだまされていたことを知ったときの表情も、憎しみと絶望がよく出ていたと思う。

セキュリティが厳重となった現在においては、下位ランクの旅客のジムには入るところができないスペースが生じる。
一昔前なら2人で描き切れていたのだろうが、もう1人目覚めさせざるを得なかったのだろう。
そこがちょっと残念。

★★★☆☆

PageTop

グレートウォール・トルーパーズ

映画「グレートウォール」を観た。
公式サイトはこちら。

ウィリアムは「新兵器」黒色火薬を求めて仲間たちと旅をしていた。
しかしキャンプ中にトバールを残して何者かに襲われてしまう。
ウィリアムが振るった剣は、何者かの腕を切り落とす。
2人は盗賊に追われるが、その前に巨大な壁が現れる。
壁は巨大な長城で、「禁軍」が首都を何者かから守っていた。
禁軍の女隊長リンはウィリアムたちを捕らえるが、そこに何者かの群れが現れた。
それは60年ぶりに現れた「饕餮(トウテツ)」という怪物たちだった。

ウィリアムにマット・デイモン。「オデッセイ」「インターステラー」。
トバールにペドロ・パスカル。今作が初見。
リンにジン・ティエン。「キングコング: 髑髏島の巨神」。
長城に住み着いた牧師バラードにウィレム・デフォー。「きっと、星のせいじゃない。」。
監督はチャン・イーモウ。「LOVERS」「HERO」。

トウテツはオオカミ状の怪物なのだが、女王トウテツが放つ電波?で行動する。
エイリアンと「スターシップ・トルーパーズ」のバグを足したような生物。
姿形はオオカミのようなイノシシのような。

今作で出色だったのはリン役のジン・ティエン。
キングコングでは目立たない研究者役だったが、今作ではその美貌がこれでもかとスクリーンいっぱいに映し出される。
役柄上あまり笑顔を見せないのだが、そこがいい。
要注目である。

★★★☆☆

PageTop

もう一つの攻殻

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観た。
公式サイトはこちら。

脳を機械の体に入れることに成功した第一号として、生存が危ぶまれたケガを負ったミラ・キリアンは生き返った。
ミラは「少佐」として公安9課の荒巻やバトーらと共にテロ事件を追う。
テロは大手サイバー企業ハンカ社を狙ったテロリスト、クゼによるものだった。
事件を追う中でミラは、自分の記憶が何者かによって書き換えられたのではないかと疑念を抱く。

少佐=ミラにスカーレット・ヨハンソン。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」。
荒巻にビートたけし。
バトーにピルー・アスベック。「LUCY/ルーシー」。
ミラを作ったオウレイ博士にジュリエット・ビノシュ。「GODZILLA ゴジラ」「イングリッシュ・ペイシェント」。
クゼにマイケル・ピット。「ヴィレッジ」。
ハンカ社の社長カッターにピーター・フェルディナンド。「ハイ・ライズ」。
素子の母に桃井かおり。
監督はルパート・サンダース。「スノーホワイト」。

「攻殻」と言えば、士郎正宗原作のコミックにして、「マトリックス」をはじめ最近のサイバー系作品に多大影響を与えた作品である。
今更だけど。
私が持っている初版本は1991年発行だから、もう四半世紀前。

映画化は押井守監督のバージョンが有名で、私も好きな作品。
今作でもその押井バージョンへのオマージュか、いくつか実写で再現してるシーンも。
また、鳥、犬といった押井作品に登場するキーワード的なものもちらほら。

さて、内容であるが、すでに原作コミックからは大きく離れた内容。
また、少佐がミラと名乗ったり、登場時のバトーの目が「裸眼」であったりと、押井バージョンとも大きく違った展開。

では「攻殻」ではないかといえば、やっぱり「攻殻」。
改めて「攻殻」の素晴らしさを認識する作品だった。

Wikiによると日本語吹き替え版は押井バージョンの声優が当てているようで、興味がそそられる。

★★★☆☆

PageTop

私も飛行機を降ろされた

アメリカのユナイテッド航空が、非のない乗客を無理矢理降ろした。
ニュースソースはこちら。

実は、4月8日、私も飛行機を降ろされた。
羽田発長崎行き、日本航空605便である。
羽田を午前7時40分に出発、長崎に9時35分に到着、その日は長崎で一泊の予定。
定刻通り飛行機に乗り込み、機内誌を読んでいたが、ふと機が動いていないことに気がついた。
すでに定刻を10分以上過ぎている。
やがて機長から「貨物室のドアが自動で閉まらないので手動に切り替えている」というアナウンス。
が、それから10分以上経っても動かない。
今度は「貨物室のドアが手動でも閉まらない。機を乗り換えていただきたい」という機長のアナウンス。
え?
続いて「振り替え便の手配に今しばらく時間がかかるのでそのままで待っていて」。
「おいおい」。
予定では、長崎から佐世保へバスで移動し、日本最西端の駅、たびら平戸口へ。
それから一つ手前の西平戸口駅へ移動し、田平天主堂とたびら昆虫自然園へ行き、帰りは佐世保で名物バーガーを食べるはずだった。
何しろ1時間に1本しかない松浦鉄道での移動である。
定刻でも宿のある長崎に着けるのは午後8時近くの予定。
機内アナウンスによると手配できた振り替え便は午前9時半に出発するという。
慌ただしく機を降ろされ、渡されたのは空港内で使用できる1000円のクーポン券。ただし「当日限り」w
このまま行っても宿に戻れるのは午後11時近く。
翌朝は三菱長崎造船所史料館へ行き、その後は長崎県立美術館で椛島勝一展を観て午後3時の便で帰京する予定。
8日と9日の予定を入れ替えようと思ったが、造船所史料館は8日は休み。
造船所の後田平へ行っては帰りの最終便には間に合わない。
旅行そのものを取りやめると宿のキャンセル料が取られる。
ん?キャンセル料?
JALの窓口に電話して、「飛行機の不具合で予定が全部狂った。旅行を取りやめたいので宿のキャンセル料を補償してもらいたい」とダメ元で訴える。
しかし、返事は「補償できない」。
だよねー。
行かないと赤字になってしまうので、しょうがなく振り替え便で長崎へ向かうことに。
スマホで長崎空港から鉄路で佐世保へ行った方がよいか、それともバスで行った方がよいか、などなど調べていたらクーポン券を使う時間がなくなってしまった。
結局、その日のうちにたびら平戸口駅へ行って、教会と昆虫自然園をあきらめて長崎へ戻った。
長崎へ着いたのは午後9時過ぎで、目当ての中華料理店もすでに閉店。
さんざんな旅行になってしまった。
これが天気のせいならまだ「しようがないよね」と思えるのだが、機器の不具合が原因というのが腹立たしい。
どうにも腹の虫が治まらないので東京に戻ってからJALに苦情のメールを送信。

それにしても驚いたのが、羽田の窓口に苦情の列がなかったこと。
私が見たところでは、2、3人いた程度。
みなさん、おとなしくクーポン券を使ってカフェで出発を待っていた。

もう十数回飛行機に乗っているが、機を降ろされたのは今回が初めてだった。
同乗した乗客が「外国はよくあるけどね−」なんて笑っていたが、ここは日本である。
きっちり整備していただきたいものである。
ま、ドアの不具合が飛んでから起きなかったのは幸いと言うべきか。

PageTop

初恋

映画「ムーンライト」を観た。
公式サイトはこちら。

シャロンは、無口な性格からいじめられがちだった。
悪ガキから隠れていたところをドラッグの売人フアンに見つけられ、彼の家へ行くことに。
そこではフアンの恋人テレサが温かく迎えてくれた。
シャロンの母ポーラは息子を愛しているが、やがてクスリにおぼれていく。
シャロンにはケヴィンしか気軽に話せる友人がいなかった。
ある夜、ケヴィンと2人きりになったシャロンは、マリファナを吸い合ううちにキスを交わし、身をゆだねる。

作品は3章に分かれていて、年少期(リトル)、青年期(シャロン)、成人期(ブラック)を別々の俳優が演じている。
シャロン(成人期)にトレヴァンテ・ローズ。
同(青年期)にアシュトン・サンダース。
ケヴィン(成人期)にアンドレ・ホランド。
同(青年期)にジャレル・ジェローム。
いずれも初見。
フアンにマハーシャラ・アリ。「プレデターズ」。
テレサにジャネール・モネイ。今作が初見。
ポーラにナオミ・ハリス。「素晴らしきかな、人生」「マンデラ 自由への長い道」。
監督はバリー・ジェンキンス。今作が初見。今作が長編2作目だそう。

「ラ・ラ・ランド」を抑えてのアカデミー賞作品賞というから期待したのだが。
1人の少年の成長物語なわけだが、淡々と物語が進んでいく。
シャロンとケヴィンの関係が今作のキモだと思うのだが、2人の関係が深く描かれていないので、いささか消化不良な感じ。
むしろシャロンと多く絡んでいるのは悪ガキの方だし。

★★★☆☆

PageTop

私は気を使わない

先日、国立新美術館で開催中の「草間彌生 我が永遠の魂」と「ミュシャ展」を観てきた。
国立新美術館のHPはこちら。
どちらもすばらしい内容だった。
そして、どちらも一部の作品の写真撮影が可能だった。
ただ、どうしてあんなに撮影に時間がかかるのだろうね。
別に計っていたわけではないのだが、長い人では10秒以上レンズを作品に向けている人もいる。
そして、構図を決めるために不用意に動くものだから周りの鑑賞者にぶつかる。
中には作品の前でポーズをとって、それを写真に収めてもらっている人もいる。
撮影者はポーズに注文をつけたりするので余計時間がかかる。
で、それが終わるまで他の鑑賞者は待っていなければならない。

海外では展示作品の写真撮影が可能なところがあるのは知っている。
日本でも国立西洋美術館の常設展示は撮影が可能だ。

私は作品を撮る際は1、2秒で撮ってしまう。
確認して気に入らなければまた撮る。
撮るとき以外はレンズを作品に向けたままにはしない。
作品に他の鑑賞者が映り込んでも舌打ちしたりなんかしない。
私自身も、レンズを作品に向けている人がいても気にせず作品に近寄る。
作品は観るものであって撮るものではないと思っているからだ。
作品を手元に残したいなら図録やポストカードを買えば、自分で撮るよりもっといいものが手に入るし。

PageTop

まわせ!

私はサッカーくじtotoを毎回購入して、もう15年ほどになろうか。
そう、発売開始からずっと購入しているのである。
「毎回」とはいえないが、ほぼ継続して購入していて、ネットで購入できるようになってからは毎回購入している。
これまでの最高当選額は12万円余り。
つまり「赤字」である。

ところで2020年の五輪に使われる新国立競技場をはじめ、施設の改修などに対してtotoの売り上げを更につぎ込むという。
ニュースソースはこちら。
当選者や配当を増やすのではなく。

ならば、と言いたい。

toto購入者へ五輪のチケットを回せ!

と。

PageTop