DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

音楽は秀逸

映画「シークレット・オブ・モンスター」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「THE CHILDHOOD OF A LEADER」。

第一次世界大戦直後のフランス。
アメリカの高官夫妻は、ひとり息子プレスコットと共に大きな屋敷に住んでいた。
父は大戦後のヨーロッパについて難題を抱え、息子のことは妻とメイドに任せっきり。
クリスマスが近づいたある夜、プレスコットは無差別に石を投げつけるという「事件」を起こす。

母親にベレニス・ベジョ。「タイピスト!」「アーティスト」。
父親にリーアム・カニンガム。「デンジャラス・ラン」「タイタンの戦い」。
プレスコットにトム・スウィート。今作がデビューの少年。
プレスコットのフランス語教師アデレイドにステイシー・マーティン。「ハイ・ライズ」。
監督はブラディ・コーベット。俳優として「マーサ、あるいはマーシー・メイ」や「メランコリア」「アクトレス 女たちの舞台」に出演、今作が長編デビュー作のようだ。

今作は音楽が良い。
70〜80年代の、ホラー映画のような感じ。
音楽はスコット・ウォーカー。60年代に「ウォーカー・ブラザーズ」というバンドを結成したこともあるそう。

で、本編であるが、その音楽と、少年プレスコットの陰気な雰囲気があいまって、なかなか良かった。
と思えたのもラストまで。
最後の最後で「やっちまった」感が漂い、一気に興ざめ。

公式サイトのプロダクション・ノートに監督自身がいろいろこの作品について書いているのだが、そんなのはどうでもいい。
映画観ながらプロダクション・ノートを読むわけじゃないんだから。

ラストですべてをぶち壊した自覚を持て。

★★☆☆☆

スポンサーサイト

PageTop

思わぬところに

沖縄でボールパイソンが逃げた。
でも思わぬところで発見。
ニュースソースはこちら。

蛇を飼っていると、一度や二度は脱走を経験をするものだ。
私は思い出すだけで4度。
ヘビ部屋を設けてからはその部屋から外へ逃げることはないと分かっていても、慌てて捜すことになる。
たいていはケージと壁の隙間にいるのだが。
まだヘビ部屋を設けていなときに飼っていたテキサスラットが逃げたときは、なぜかチェストの引き出しの中にいた。
また、ケージに鍵がかかっていて、どこにも隙間がないのになぜかいなくなったときもあった。
あれは今でも謎である。

PageTop

大人な魔法使い

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Fantastic Beasts and Where to Find Them」。

魔法動物の採集と飼育の専門家ニュート・スキャマンダー。
ニューヨークへやってきた彼は、不注意からトランクに入れていた魔法動物ニフラーを逃がしてしまう。
パン屋を夢見るジェイコブは、銀行に融資を断られるが、ニュートのニフラー捕獲に巻き込まれる。
さらに、その様子を見ていたのはアメリカ魔法省のティナ。
それにティナの妹クイニーも加わり、ニュートの魔法動物捕獲作戦と、魔法省の幹部グレイブスの企みが絡み合って、ニューヨークは大騒ぎになる。

ニュートにエディ・レッドメイン。「リリーのすべて」「博士と彼女のセオリー」。
ジェイコブにダン・フォグラー。今作が初見。
ティナにキャサリン・ウォーターストン。「スティーブ・ジョブズ」「コレクター」。
クイニーにアリソン・スドル。今作が初見。
グレイブスにコリン・ファレル。「ロブスター」「トータル・リコール」(2012年版)。
そしてジョニー・デップ!
監督はデビッド・イェーツ。「ターザン:REBORN」「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作。

今シリーズはハリポタとは違い、子供たちの大騒ぎはなく、大人の魔法使いたちが大騒ぎする。
よく考えられた魔法動物の設定が、特殊動物好きにはたまらない。
そしてエディ・レッドメイン演じるニュートが、魔法使いやノー・マジ=人間たちと視線をあまりかわさずに会話する表情と、動物たちと接しているときとの溌剌とした表情との対比が、彼の性格を良く表していたと思う。

また、単に魔法動物を巡ってのドタバタではなく、様々な差別に対する批判を織り込んでいる店も好感が持てる。
まさにこれからのアメリカを象徴しているかのよう・・・と言ってしまってはありきたりかもしれないが。

★★★★☆

すでに発売されている雑誌「pen」を事前に読んでいるとさらに楽しめると思う。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pen (ペン) 2016年 11/15号 [雑誌]
価格:680円(税込、送料無料) (2016/11/24時点)


PageTop

記録的

11月の雪である。
IMG_2882 (1)

私は東京に合計で18年住んでいるが初めて。
ニュースでも「初雪は54年ぶり、積雪は史上初」とのこと。
午前8時半現在、私の住んでいる地域は、屋根には積もっているが道路はまだ積もっていない。
でも向かいの小学校の校庭はすでに積もっているので、これは史上初、となるのだろうか。

PageTop

5代目

注文から2カ月近く、ようやくiPhone 7plusが届いた。
私のiPhoneの5代目である。
iPhone161113.jpg

PageTop

ブラック・ハント

映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を観た。
公式サイトはこちら。

元憲兵隊のジャックは、現役憲兵隊のターナー少佐と会うためワシントンに赴くが、ターナーはスパイ容疑で逮捕されていた。
ターナーの部下2人はアフガンで武器の横流しを捜査中に殺害されたていた。
ジャックも逮捕されるがターナーが留置所で暗殺される寸前に共に脱出。
2人で裏を探るべく、暗殺者から逃げながらの捜査が始まる。

ジャックにトム・クルーズ。
ターナーにコビー・スマルダーズ。「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」。
2人と共に逃げる自称ジャックの娘サマンサにダニカ・ヤロシュ。今作が映画デビューのよう。
監督はエドワード・ズウィック。「完全なるチェックメイト」「ラスト・サムライ」。

前作「アウトロー」の続編。
前作ではジャックの良い意味での傍若無人ぶりが発揮されていたが、今作では女性2人がいっしょ。
しかしターナーも女性とは言え軍人だけあって、悪者をバッタバッタとなぎ倒す。
それが吉とでるときもあれば凶と出るときもあり、前作よりはちょっとソフトな感じのジャック。

続編ではあるが前作とはつながりがないので、今シリーズ初めての人も楽しめる。
ただ、基本、殴る蹴るの映画なので、苦手な人はやめておいた方がいいかも。

★★★☆☆

PageTop

ご報告

このたび、ヘビの飼育をやめることにいたしました。
本日、某業者に飼育している個体とケージのすべてを引き渡しました。
ボアコンについては役所に飼育廃止届を出します。

理由は二つあります。

まず私の健康面での不安。
50も過ぎると体のあちこちにガタが出始め、「もし入院することにでもなったら誰がヘビの面倒をみるのだろう」と考えると、冗談ではなく夜も眠れません。
ヘビは何十年と生きる生物です。
おそらく私よりも長生きする個体もいるでしょう。
家族がいて、その家族がヘビという、世間的には嫌われる傾向にある生物の飼育に理解があればよいのですが、私は独身。
犬猫なら預かってくれる人いるでしょうが、ヘビはまずいないでしょう。

次に天災についての不安。
皇后様がおっしゃったように、最近の日本は地震の活性期に入っているようです。
いつ何時、私が住んでいる地域も被災するか分かりません。
そのときに、もしケージが破損してヘビが逃げ出してしまったら、と考えると、冗談ではなく食事も喉を通りません。
前述の通り、ヘビは嫌われる傾向にある生き物です。
これがウサギであれば「あらら、大変」と言われるぐらいですむのでしょうが、ヘビであれば「なにー!!なんてことをしてくれたんだー!!」となります。

これまでこのブログで、ヘビについての記事を読んでいただいた方には、厚く御礼申し上げます。

ブログ自体は、引き続き映画の感想などをアップしていきますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

PageTop