DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

目に見えない

映画「トランセンデンス」を観た。
公式サイトはこちら。

科学者ウィルは、人工知能に関する講演のあと、行き過ぎたテクノロジーに反旗を翻す集団「リフト」によって撃たれる。
怪我はかすり傷だったが、銃弾にはポロニウムが仕組んであり、ウィルはあと数週間の命となる。
ウィルの妻で科学者のエブリンは、開発中の人工知能にウィルの知能をすべて移植する。
夫妻の友人で生物の神経を研究しているマックスは、人工知能化したウィルがネット接続を要求するに至り、恐怖心を抱く。
マックスは恩師ジョセフとともに、ウィルとエブリンを止めようとするが・・・

ウィルにジョニー・デップ。
エブリンにレベッカ・ホール。「アイアンマン3」。
マックスにポール・ベタニー。「アイアンマン」シリーズのジャービスの声。
ジョセフにモーガン・フリーマン。
リフトのリーダー、ブリーにケイト・マーラ。「127時間」。
監督はウォーリー・フィスター。製作総指揮のクリストファー・ノーラン作品で撮影監督を務めていて、今作が監督デビューのようだ。

うーん、タイトルの「Transcendence」通り、展開もちょっと超越過ぎるような。
人工知能が意志を持って人類に対抗しようとする場合、問題となるのは、いかにして物理的な攻撃ができるか。
HAL9000は宇宙船の設備を利用したし、スカイネットはターミネーターを生み出した。
そして今作ではナノマシンでもって、人類を支配しようとする。
HALもスカイネットも使用する武器が目に見えるので、分かりやすいが、ナノマシンは目に見えないので、具体的に何がどうして支配できているのかが、よく分からなかった。
その辺、もうちょっと分かりやすかったらなあ。

ちなみに私が観たのは吹き替え版。
ケイト・マーラの声を坂本真綾さんが当てているから。

★★★☆☆

真綾さんと言えば、28日には「攻殻機動隊ARISE」の3作目「border:3 Ghost Tears」の舞台挨拶にも観た。

スポンサーサイト

PageTop

新たな領域

最近、新たな趣味にはまっている、というかはまりつつある。
それは鉄道模型のZゲージ。
詳細は、まあボチボチ。

アマラリ猩丈と、
猩丈140627

ホグアイランド明穂が脱皮。
明穂140627

PageTop

これは困るぞ

ワールドカップ、韓国も1次リーグ敗退か。
日本もダメ、オーストラリアもダメ、イランもダメ。
アジア枠が減る可能性も指摘されている。
ニュースソースはこちら。

スキーもそうだが、ヨーロッパ発祥のスポーツというのは、ヨーロッパの声が大きく響くという傾向がある。
「弱いアジア」の枠をヨーロッパに、という声も当然上がるだろう。
しかし、「経済に強いアジア」を考えた場合、FIFAとしてはどう出るか。

ワールドカップ後も、負けられない試合がそこにある。

PageTop

流れは悪くない

映画「ザ・ホスト 美しき侵略者」を観た。
公式サイトはこちら。

未来、地球上からは争いや事故がなくなっていた。
それは、人類のほとんどが、「ソウル」と呼ばれる異星人に乗っ取られていたからだ。
メラニーはソウルに反発するグループの一員。
が、逃げる途中に瀕死の重傷を負ってしまう。
メラニーを追跡していたシーカーは、メラニーにワンダラーと名乗るソウルを移植し、反抗グループの居場所を探ろうとする。
しかし、ワンダラーはメラニーの思考を押さえることができず、メラニーの肉体に2つの精神が宿ることになる。

メラニー/ワンダラーにシアーシャ・ローハン。「ラブリー・ボーン」の少女ももう20歳か。
シーカーにダイアン・クルーガー。
メラニーの叔父で反抗グループのリーダー、ジェブにウィリアム・ハート。
監督にアンドリュー・ニコル。「タイム/TIME」はイマイチだったが。

原作が「トワイライト」シリーズの作者ということで、やはり甘くて温い内容。
メラニーの意識と、ワンダラーの葛藤が、なんとも陳腐。
そもそも生きるか死ぬかの状況で、恋愛ごっこっちゅうのも。
まあ、別にいいけどw

★★☆☆☆

PageTop

血と肉、増量

映画「300<スリーハンドレッド> 帝国の進撃」を観た。
公式サイトはこちら。

物語は前作「300」と同じ時。
ギリシャの将軍テミストクレスは、迫り来るペルシアに対抗するため、各都市に海戦への参戦を訴えかける。
初戦はギリシャ軍の奇策の前に敗れるペルシャ軍だったが、女将軍アルテミシアは数にものを言わせて体勢を立て直す。
折しもスパルタのレオニダス王が敗れたとの知らせが届く。
ギリシャ軍もペルシャ軍の大胆な攻撃で大きな痛手を負う。
果たしてギリシャ軍はペルシャ軍に勝てるのか。

テミストクレスにサリヴァン・ステイプルトン。「L.A.ギャングストーリー」。
アルテミシアにエヴァ・ヴリーン。「ダーク・シャドウ」。
監督はノーム・ムーロ。「賢く生きる恋のレシピ」は観ていない。
製作総指揮に原作者でもあるフランク・ミラーら。

前作「300」は、そのコミック的な映像と画像処理で、なかなか新鮮だったが、今作でもその点は継承。
もっとこれはフランク・ミラーの好みなのだろう。

サイトによっては前作の続編としているところもあるようだが、前作で描かれたテルモピュライの戦いの前後の物語を描いている。
なので、前作を観ていなくても楽しめるが、やはり予習をしておいた方が、より楽しめるだろう。
私は改めてCATVで復習して今作を観たが、正解だった。

前作同様、ムキムキの兵士たちが剣や槍で血を飛び散らせ、肉を切られる様は、なんとも壮絶。
今作ではテミストクレスとアルテミシアのハードなプレイもあり、この点もR15+らしい作品となっている。

戦記物やソード系が好きな向きにはたまらない作品だろう。

★★★☆☆

PageTop

許せん!

許せないのは引き分けに終わった日本代表ではない。
彼らは良く戦った。
その彼らに対して、まったくどうしようもないオヤジが東京都議会にいたのだ。
女性議員に対してセクハラヤジを飛ばし、涙を流す議員に追い打ちをかけるように笑ったというのだ。
ニュースソースはこちら。
一般の会社なら処分もの。
議員以前に、いや社会以前に、いやいや大人としてどうかと思いますよ。
私も抗議のメールを都議会に送りましたよ。
意見・要望フォームはこちら

私の怒りをよそにレギュラージャガー梔子が脱皮。
梔子1406200001

PageTop

騒いでいる場合じゃない

負けは負け。
次戦に望みを繋ぐしかない。

それにしても渋谷に集まった連中は何なんだろう。
負けてもハイタッチで騒ぐなんて。
ニュースソースはこちら。
必死に戦った選手にまったく失礼だよね。

って、連中にとっては騒げればどうでもいいか。

PageTop

ヘビも乗せてくれたよ

映画「ノア 約束の舟」を観た。
公式サイトはこちら。

ノアは妻ナーマと3人の息子と暮らしていた。
ノアは祖父メトシェラの元へ旅立つが、その途中で賊に襲われた少女イラを助ける。
メトシェラの元を訪れたノアは、そこで大洪水を起こす神のお告げを見る。
ノアは巨大な岩の巨人と化していた堕天使たちと共に、箱船の建造に取りかかる。
しかし、それをカインの子孫で人間の王を名乗るトバルカインが狙っていた。

ノアにラッセル・クロウ。
ナーマにジェニファー・コネリー。
イラにエマ・ワトソン。
メトシェラにアンソニー・ホプキンス。
トバルカインにレイ・ウィンストン。
監督はダーレン・アロノフスキー。「ブラック・スワン」。

まず、キャストのコスチュームに驚いた。
現代風のシャツやジャケット、ズボンを身にまとう様は、いったい何時代の話なんだと思ってしまった。
もうちょっと、古代風にできなかったものかね。

物語はノアの方舟伝説を軸に、いわゆる家族の絆を描いた作品と言える。
当然、息子は父に反発するし、父はそれを権威で押さえつけようとする。
母はそんな男たちを心配ながらも、見守る。
こうして書いてみると、なんだか普通のドラマだな。

★★★☆☆

全然関係ないけど、ノアの一族の家宝とも言うべき品が、アダムとイブを惑わしたヘビの抜け殻。
「うーん、大きさからいって成体のボアコンの抜け殻に近いかな」
などと観察してしまったのは、おそらく私だけだったろう。

PageTop

ガタガタ言うな

さて、開幕したね、ワールドカップ。
早速、開幕戦のジャッジを巡っては、負けた方の監督がワンワン吠えていたようだが。
ニュースソースはこちら。
私はリプレーで見た限りでは微妙な判定だったと思うが、ペナルティーエリアで相手選手を手で押さえた時点でアウト。
そもそも相手はブラジル選手。一時期流行った「マリーシア」ってヤツにかけては世界一(言い過ぎか)。
そもそもサッカーという競技は、審判が「反則!」と言ったら反則なのよ。
それも含めてサッカー。
もっとも、某歌手が勇み足のツイートをしたのは、明らかにイエローカードだけどね。
ニュースソースはこちら。

イリアンジャヤカーペットの蘇芳が脱皮。
蘇芳140614
やっぱりパイソンは木の上が様になる。

PageTop

答えは

映画「ミッション:15」を観た。
公式サイトはこちら。
現代は「EVENT 15」。

アフガン戦争によるPTSDの治療を受けているホワイト、オールズマン、ディエゴの3人。
3人は乗り合わせたエレベーターに閉じ込められる。
外からは爆音や悲鳴、携帯のニュースではワシントンが爆撃された映像が。
3人は恐慌を来すが、その様子を観察する2人がいた。

ホワイトにジェニファー・モリソン。「スタートレック イントゥ・ダークネス」。
オールズマンにジョシュ・スチュワート。「ダークナイト・ライジング」。
ディエゴにスティーヴン・ライダー。「大統領の執事の涙」は観ていない。
監督はマシュー・トンプソン。今作が初見。

狭い空間に閉じ込められた人々、という設定はこれまで何度も取り上げられているし、サイコ系ではありふれていると言っていいほど。
今作ではその対象が軍人なのだが、いずれもPTSDというのがミソ。
では一般人という設定ではいけなかったのか、というと、その答えは後半に明らかになる。
しかし、あっと驚くような答えではないので、期待しないように。

★★☆☆☆

PageTop

難解

映画「闇のあとの光」を観た。
公式サイトはこちら。
監督はカルロス・レイガダス。カンヌで監督賞。

メキシコの片田舎。
フアンは美しい妻ナタリアと、幼い息子と娘の4人で暮らしていた。
ある夜、家のドアを開けたのは、長い角が生えた頭と突きだした口吻、長い尻尾と動物の足を持つ、赤く光る影。
影は家の中を工具箱のようなものを持って歩き回り、ある部屋の中へ入っていった。
それを別の部屋から見つめる少年。
(中略)
ある日、一家でバカンスに出かけようとしたフアンらは、ベビーカーを忘れたことに気づく。
家に戻ったフアンは、家の中から金目のものを盗み出そうとした男に撃たれる。

と、ストーリー的な「流れ」が判別できたのはこの程度。
あとは、一家を取り巻く未来と過去のショートストーリーの断片がつなぎ合わされる。
冒頭に登場した赤い影が何者なのかの説明はない。
しかし、一部の断片の映像の縁が、瓶の底から除いたように二重になっているのは、何かの暗示か。
と気づいたときには、すでに映画はエンドロールに。

★☆☆☆☆

PageTop

うーん・・・で?

映画「ハミングバード」を観た。
公式サイトはこちら。

特殊部隊上がりのジョセフは、軍の病院から脱走、ロンドンで路上生活を送っていた。
麻薬の売人に追われ、偶然潜り込んだ部屋は、しばらく住人が留守。
ジョセフは住人になりすますが、酒におぼれたところを修道女のクリスティナに諭される。
ジョセフは腕っ節の強さを買われ、中国料理店の皿洗いから中国マフィアの運転手兼カネの回収人にのし上がる。
ある夜、クリスティナに、路上生活を共にしていた少女が殺されたことを知ったジョセフは、犯人を捜すべく動く。

ジョセフにジェイソン・ステイサム。「エクスペンダブルズ」。
監督はスティーヴン・ナイト。今作が初見。

軍隊上がりのアウトローが正義に目覚める、というのはありがちな展開。
今作では、他人になりすましながら、という点が目新しい。
しかし、黒幕がいるわけでもないし、ジョゼフとクリスティナの関係がストーリー展開の鍵になるわけでもない。
どこが見どころなのか、よく分からなかった。

★★☆☆☆

PageTop

My Heart Will Go On

映画「ポンペイ」を観た。
公式サイトはこちら。

ローマの侵略により一族を虐殺されたケルト人の生き残りマイロ。
マイロは剣闘士としてブリタニアで名をはせていたが、剣闘士の元締めに見いだされ、ポンペイに向かう。
途中、馬を安楽死させたことでポンペイの豪族セベルスの娘カッシアと知り合い、2人は恋に落ちる。
時を同じくして、ポンペイにはローマから元老院議員のコルビスが来訪、ポンペイの再開発に取り組むセベルスに、ローマとの橋渡しをする代わりにカッシアとの婚礼を認めさせようとする。
コルビスは、マイロとカッシアの恋を知り、マイロとその仲間アティカスを殺害すべく、試合に軍勢を送り出す。
そのとき、ベスビオ火山がとどろき、噴煙を空高く噴き上げた。

マイロにキット・ハリントン。「サイレント・ヒル:レベレーション」。
カッシアにエミリー・ブラウニング。「エンジェル・ウォーズ」。
コルビスにキーファー・サザーランド。
監督はポール・W・S・アンダーソン。「エイリアンVSプレデター」「バイオハザード」シリーズ。

家柄の違う男女が恋に落ちる。
有力者がその仲を引き裂こうとする。
そこへ災難が。
という展開は、そう「タイタニック」。
今作は、その焼き直しであろう。
あえて「パクリ」と言わないのは、ラストの展開が違うから。

★★★☆☆

PageTop

すまん、よくわからなかった

映画「劇場版 ペルソナ3」を観た。
公式サイトはこちら。
このシリーズ、今回が初めて観る。
ペルソナ140607

なぜ観たかというと、キャラクターの一人を坂本真綾さんが演じていて、本日、舞台挨拶があるので観に行ったのである。

以上

PageTop

新機種なし

アップルの開発者会議「WWDC 2014」の基調講演が行われた。
今回の目玉はiOSの新バージョン「iOS8」とOS Xの新バージョン「OS X Yosemite」。
個人的には、iOS8では、
・テザリングの自動認識
・ヘルスケア系アプリのデータを集中管理する「Healthkit」
・文脈を判断して予測候補を表示したり手書きにも対応した「QuickType」
OS X Yosemiuteでは、
・Safariの高速化、検索窓にお気に入りやSpotlightを統合
・MacでiPhoneに電話をかけたり受けたりすることが可能
が興味がわくところか。
ただ、iPhone6などの新製品の発表はなかったようだ。
ニュースソースはこちら。
アップルの公式サイトでもビデオで講演の模様が見られるが、もちろん字幕はない。
アップルの公式サイトはこちら。

PageTop

真夏日

今日も暑いとテレビでさんざん聞かされて、覚悟していたけどやはり暑い。
我が家のヘビ部屋はすでにヒーターは切ってあって、常温状態。
でも北側にあるので、最高室温はかろうじて30度を下回っている。

ベアードラット金角が脱皮。
金角1406020001

PageTop

チャラ

映画「X-MEN:フューチャー&パスト」を観た。
公式サイトはこちら。

X-メンたちは変幻自在に能力を変える抹殺兵器センチネルの猛攻にあっていた。
これも、過去にミスティークがセンチネルの開発者を殺害したことに起因していた。
プロフェッサーらはウルヴァリンの精神を過去のウルヴァリンに送り込み、未来を変えようとする。

主要キャストは変わらず。
監督はブライアン・シンガー。X−MENシリーズ。

ま、なんだな。
シリーズの続編を作るに当たって、主要メンバーをもう1回蘇らせる必要にかられたから、チャラにしてみましたって、いう話。
例のエンディング・ロール後の「おまけ」もニューキャラが出てきたし。

★★★☆☆

PageTop