DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

あっというま

1月ももうすぐ終わる。
今年も12分の1が過ぎようとしているわけだ。

ジャングル巴と、
巴120129

ジャガー梔子が脱皮。
梔子120129

巴は警戒心が強いが噛んできたことはない。
梔子は馴れているが3度噛まれた。

スポンサーサイト

PageTop

いったいどこに?

真綾さんの昨年末に開催されたライブツアー「“in the silence”」がBD&DVD化されるという。
しかし、どこにカメラがあったのかなあ、と思っていたら、
どうやら私が観なかった日の公演で収録されていたようだ。

トランスペコスラットの丁子が脱皮。
丁子120129

このプラスチック感のある肌がいい。

PageTop

こんな本が欲しかった

ハープライフさんが「パーフェクト・ボールパイソン」という解説書を出した。
本1

一見洋書のように見えるが、著者はマニアック・レプタイルズさんの宮内大輔氏。
装丁も豪華で洋書に引けをとらない。
もちろん中は日本語で書かれており、
本3

全ページカラー。
本2

私は月夜野ファームさんから購入しましたが、おそらくその手のペットショップでも取り扱ってるんでしょうね。
ちなみにamazonではヒットせず。

PageTop

都心

都心は雪で大変らしいね。
ところで、この「都心」という言葉、私はその昔、東京以外は使わないものだと思っていた。
しかし、各地の大都市に暮らすと、そこでも「都心」という言葉を使っているので驚いた。
「福岡都心」とか「名古屋都心」、「大阪都心」とか。
まあ、都市の中心という意味では間違いないけど。
いや、それだけの話。

ベアードラットの銀角が脱皮。
銀角120124

PageTop

効き目?

以前にも書いたが、ネットオークションでは落札者が連絡をよこさないケースが少なくない。
私の場合、古本や古雑誌などを一度に50点以上出品するので、
そういう落札者と必ず出会うのだが、
前回の出品では落札者二十数人全員から連絡が来て、無事に発送することができた。
ひょっとしたら長財布の御利益か?

ジャングル葉隠が脱皮。
葉隠120123

ジャングルって、成長するに従って鼻面が丸くなって顔つきが優しくなる。

そういえば、ヘビの抜け殻を財布に入れておくとお金が貯まるともいうけど、捨ててた。
今度はとっておくか。

PageTop

期待の作品は

最近、これと言って観たい映画がない。
とりあえずは、
「マイ・ウェイ」「サラの鍵」は観に行くが、それ以外は、「J・エドガー」か。
来月になれば、
「ドラゴン・タトゥーの女」
「タイム」
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
などが始まる。
さらに、3月、4月は、
「シャーロック・ホームズ:シャドウゲーム」
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D」
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」
「バトルシップ」
「タイタンの逆襲」
と話題作が目白押し。

この中で期待しているのは、「J・エドガー」。
クリント・イーストウッド監督だからね。

PageTop

ふふっ、残念

残念だよねえ。
スティーブのフィギュア、発売中止になっちゃった。
発売元の声明はこちら。
ジョブズ

もちろん予約してたけど、キャンセルに。
写真で見る限り、けっこうよい出来だったのに。

アップルで発売すればいいのに。
するわけないか。

PageTop

長財布

財布を買った。
財布020116-1
財布020116-2

ポーターでおなじみ、吉田カバンの「soak」というやつ。
吉田カバン=ポーターのサイトはこちら。
じつはこれまで財布という物を持ったことがなく、札はマネークリップで、小銭はコインケースに、カード類はカードケースにそれぞれ入れていた。
でも、某大手雑貨店で見かけて、買ってみるか、と思った次第。
牛革の手触りがなかなか良い。

手触りといえば、チルドレン南が脱皮。
南120116

PageTop

more than words?

アニメ「コードギアス 某国のアキト」のテーマソングを真綾さんが歌うとの発表があった。
配信チャンネルのサイトはこちら。
作詞は岩里祐穂、作曲は菅野よう子という、おなじみのコンビ。
タイトルは「モア・ザン・ワーズ(more than words)」(と聞こえた)。

PageTop

おきえ

昨年11月に我が家に来たカワリシノビヘビの呉麻。
初回の給餌こそピンセットから食べたが、その後は置き餌一辺倒。
呉麻110112

マウスのMサイズもいけるようになった。

PageTop

目つきが

クリムゾンコーン粧子が脱皮。
粧子120111
SNUGLEを用意してやろう、と言いながら、いつになるやら。

ところで、自首した某指名手配って、目つきがメイス・ウィンドウ=サミュエル・●・ジャクソンに似てると思うのは私だけだろうか。

PageTop

人生が一転

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」を観た。
公式サイトはこちら。

ラジオ局に勤める27歳のアダムは、腰痛の原因を調べるため病院へ行く。
そこで待っていたのは、医師からのガン宣告。
「酒もたばこもやらないのに?」
5年後の生存率は50%だという。
親友で同僚のカイルは、励まそうといろいろ気を遣ってくれるが、
恋人は離れ、アルツハイマー病の父と暮らす母親は過剰なまでに世話を焼こうとする。
そんなアダムの不安を取り除こうと、新米セラピストのキャサリンは手を尽くしてくれる。
しかし、ガンは進行。
アダムの心は次第にふさいでいく・・・。

アダムにジョセフ・ゴードン・レヴィット。「(500)日のサマー」「インセプション」で好感を持った俳優。
キャサリンにアナ・ケンドリック。「マイレージ、マイライフ」では好演。
カイルにセス・ローゲン。今作が所見。
監督はジョナサン・レヴィン。これも、今作が所見。

まじめな顔で軽妙な演技をするゴードン・レヴィットに尽きる。
ガン闘病という、ともすれば暗くなりがちなテーマを、
時に笑いを交えて、でも、心の不安をふっと漂わせる。
アナ・ケンドリックも、イメージ通りの真面目なカウンセラーを真面目に演じている。
セス・ローゲンも、女好きなんだけど、でもアダムのことをいつも気にかけている親友を好演。
監督と役者たちの息の合った良作。

★★★★☆

PageTop

大掃除意味なし

年末、ヘビたちのケージを大掃除してやろうか、といつも思うのだが、
どうせすぐに汚れるし、と思い直して、やらない。
それよりは、こまめに掃除してやる方が、結果的に手間も省けるというもの。

バンブルビー空牙が脱皮。
空牙120106

PageTop

らくちん

この格好が楽なんだろうねえ。
雪之丞120102

ハイポジャガー雪之丞。

PageTop

今年もよろしくお願いします。

年賀状120101

PageTop