DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

一息

SNUGLEが届いた。
今回追加したのは、MS-D45とPR-D45、各2台。
SNUGLE101130

MS-D45には、60センチケージが手狭になっていたセントラルパイソンを収容。
PR-D45には、バンブルビーとブルーアイリューシを収容。

ただ、残念なことに、PR-D45は2台ともライトを取り付ける部品が破損していた。
1台は、以前から故障していたライトに使われていた部品を流用したが、
もう1台分はショップに取り寄せを依頼した。

今週末には、引っ越し後、初の新入りが到着予定。
セントラルたちが入っていたケージに収まっていただくことになる。

スポンサーサイト

PageTop

さむっ

今朝は寒かった。
SNUGLEケージは保温性に優れているから心配ないが、まだSNUGLEに入っていない個体は心配だった。
近々SNUGLEが届くのだが、予算の関係で、まだ全個体を収容することはできない。

ブラジルレインボーボアの七重が脱皮。
七重101129

体重は811グラム。
この個体もSNUGLEに入っていない。
脱皮不全を心配したが、きれいに脱いでくれた。

PageTop

完治?

ジャガー百鬼丸が脱皮。
百鬼丸101128

体重は640グラム。
風をひいていたが、現在は異常なし。

PageTop

全身筋肉

ジャングル葉隠が脱皮。
葉隠101127

体重は2899グラム。
計りに乗せたプラケースに入れようとしても、ムキムキと全身の筋肉に力を入れられると手こずる。
ギュッと手首を締め付けてくる感じが、いい。

PageTop

本能をかき立てる

ニュースサーフィンしていたら、おもしろい記事を2つ見つけた。

1つは、「ヘビを怖がるのは本能」という研究結果の記事。
ニュースソースはこちら。
なるほどね。
私もヘビは怖い。
とくに「シーッ」と音を立てて首をS字にされたときには、もう、背筋が凍る。
でも、好き。

もう1つは「飼育放棄を防ぐため、ペットに課税する案が出ている」という記事。
ニュースソースはこちら。
この「ペット」の定義まで書かれていないのだが、
ボアコンを飼うとき、登録にお金を払って、さらに課税されるのはたまらない。
もし、犬猫の飼育放棄に対応しようというのなら、飼育登録とマイクロチップを義務化すればいい。
で、そのときに登録料をもらえば、これだけ犬猫が飼われているのだから、自治体の財源は潤うだろう。

PageTop

三流

映画「パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」を観た。
公式サイトはこちら。

前作はアメリカが舞台だったが、今回は東京が舞台。
話は前作同様、ビデオテープを再生する形で進んでいく。

アメリカ旅行中に交通事故に遭い、両足を骨折してしまった春花。
その様子をビデオで撮影する、弟の幸一。
父親が仕事で長期間家を留守にしている間、姉弟2人の生活。
ある日、春花が「車いすが勝手に動いた」という話を幸一にしたところから、物語は動き出す。
姉の部屋にビデオカメラを仕掛け、謎の現象の正体を見ようとする幸一。
嫌々ながらも承知する春花。
そして、ビデオに映っていたものは・・・・。

監督・脚本は長江俊和。
心霊ものを得意とするテレビ出身の人のようだ。

が、しかし、出来上がった映画はテレビの心霊もの以下。
前作に比べて新味がまったくないし、肝心の心霊シーンも前作と同じ。いや、それ以下だろう。
なにより、「主演」の2人が「演じている」のが鼻につく。
演じても良いのだが、もうちょっと「素人臭さ」を出せなかったものなのか。

終盤、春花はある告白をし、それで前作とつながることになる。
しかし、それを深く掘り下げるわけでもなし。

中途半端な続編を作るぐらいなら、作らない方がまし、ということ。

★☆☆☆☆

PageTop

暗い

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」を観た。
公式サイトはこちら。
最終章は2部に分かれていて、今回はその前編。

原作もそうだったが、非常に暗い内容。
ユーモアが感じられるシーンもほとんどない。

後編で完結するわけだから、映画評はまだできない。

PageTop

じっくり

昨夜は満月だったらしい。
私の住んでいる地域は、あいにく悪天候で見えなかったが。

9月から満月の夜に坂本真綾さんがネットを通じて朗読してくれる「坂本真綾の満月朗読館」。
ようやく昨夜、聴くことができた。
この番組、当日のその時間でだけ配信されるので、一度聞き逃すともう聴けない(再配信も最近始まったけど)。

で、番組の最後にサプライズなお知らせが。
なんと、最終夜はライブだそうな。
会場は六本木なのだが、全国の劇場にも衛星生中継されるという。
まあ、なんというか、大胆な試み。
公式サイトはこちら。
読むのは、奈須きのこの新作「月の珊瑚」。
背景のイラストは武内 崇というから、「空の境界」のコンビ。
遅ればせながら、「空の境界」は先日レンタルで全7章を一気に観て、なかなか気に入ったので、
今回の朗読館ライブも是非生で観たいものだ。

PageTop

加湿中

チルドレン北斗が脱皮。
北斗101122

体重は317グラム。
療養中の北斗。昨夜、ピンセットからエサは食べなかったが、置き餌で食べてくれた。
同じく療養中のアンゴラ清明も、最近は置き餌であれば食べてくれる。
体力を落とさないためにも、どんな形であれ食べてくれると安心する。

加湿器も稼働。

PageTop

粗食

動物園で「粗食」が注目されているという。
ニュースソースはこちら。
動物園専門で生のエサを作る会社があるんだね。

パステルボールの鬱金が脱皮。
鬱金101120

体重は1050グラム。
前回より40グラム増。

PageTop

ぎっちり

アマラリ灰冠が脱皮。
灰冠101119

体重は1515グラム。
3カ月で50グラム増、というのは少なすぎるような気もするが。
しかし、持った感じは筋肉がギッチリ詰まっている感じ。

PageTop

システマチック

病気療養中のアンゴラ清明と、また風邪をひいてしまったチルドレン北斗を連れて、動物病院へ。
以前お世話になっていた動物病院の先生に紹介された先生は副院長であることが、受付で判明。
この病院は、何かとシステマチックで、整理番号で待ち時間が分かったり、携帯電話で順番が分かったりするらしい。
診察券も電子化されていて、専用の機械で受付できる。

さて、2匹の診察である。
まず、この病気は「決定打」がない、とのこと。
住環境と本人の体力次第の部分が大きいので、特に幼体がかかると致命的、という説明を受ける。
たしかに、これまで死んだのは幼体がほとんどで、大きくなって死んだのは、エサを食べなくなって体力が持たなくなた個体だった。
また、ボールなどよりカーペットの方が死に至りやすいという。
対処法としては、投薬はあくまで補助的な役目しかなく、温度や湿度を上げて抵抗力を上げてやるのが基本だという。
で、話し合った結果、環境の改善をはかりつつ、経口薬を試してみる、という案を選択。
先生は、注射は生体にも飼い主にもリスクがあるので、「経口薬の方がラクでしょう」と言う。
経口薬は飲み薬を細いチューブで胃まで流し込むもの。
2匹は痩せているわけではなく、そんなに健康状態が悪いというわけではなさそうなので、とりあえずそれで様子見、ということになった。

ボアコンのマイクロチップも随時受け付けているというが、ヘビに慣れている人とそうでない人がいるので、事前に電話をして欲しいとのこと。

以上で、初回の診察は終わり。
加湿器を段ボールの中から捜索せねば。

PageTop

あ、そう

アップルにとっては忘れられない1日なのだろう。
しかし、少なくとも私にはどうでもよい。
アップルの公式サイトはこちら。
ニュースソースはこちら。
私のように、かのバンドに対して、特に感慨がないアップル好きは多いと思うのだが、
今回の「大発表」的な告知は、CEOの公私混同的な感じもする。

驕るなよ。

PageTop

いったい、なにが?

「明日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります。」
アップルの公式サイトに、意味深なコピーが。
アップルの公式サイトはこちら。
「iTunesからの特別な発表」とは?

ちなみに、アメリカのサイトのコピーは、

Tomorrow is just another day. That you'll never forget.

PageTop

外骨格

「涼○ハ○ヒの憂鬱」といえば、放送開始が2006年にもかかわらず、未だに飽きられずに人気を保っているアニメで、フィギュアも様々な種類が発売されている。
このたびバンダイから、「全領域汎用人型決戦外骨格 SOS-01 ハルヒロボ(ハルヒ☆隊長☆専用機)」が発売されることになった。
しかも、カ○キハジメ氏の監修で、である。
いったい何のことか分からない方は「魂ウェブ」をご覧いただきたい。
バンダイ魂ウェブのサイトはこちら。


もちろん、予約しましたとも。



ホグアイランド明穂が脱皮。
明穂101115

ようやく計りを段ボールはこの中から発掘。
体重は824グラム。
前回より100グラム以上増えた。
最近ではマウスのLも楽勝だからね。

しかし、このデザート迷彩柄。
カッコイイ。

PageTop

寝ても覚めても

なんか久しぶりに映画のレビュー。

映画「ナイト&デイ」を観た。
公式サイトはこちら。
前売り券を買っていたのだが、もうすぐ公開が終わりそうなので、慌てて観に行った。

ジューンが空港で出会ったロイ。
彼は腕利きのエージェント。
機内でジューンがトイレに行っている間に、ロイは彼を消そうとする連中を一掃。
飛行機は不時着。
自宅で目覚めたジューンだが、ジューンの行く先々にロイが現れる。
ロイは「ゼファー」という永久電池と開発した青年を、それを狙う連中から守っているのだが、
果たして、それは本当なのか?
彼は善玉なのか、悪玉なのか。

ジューンにはキャメロン・ディアス。
プロフィールによると、すでに40間近。アップになるとそれなりの年齢が表れているのだが、チャーミングな笑顔は相変わらず。
ロイにはトム・クルーズ。
アクション連続の役柄だが、さずがに「ミッション:イン・ポッシブル」ほどのキレはない。
ところどころ、CG?(またはスタント)に置き換えているのだが、しようがないだろう。

監督はジェームズ・マンゴールド。
いろいろなジャンルの作品を撮っているようだが、今作のようなハード・アクションには疑問符がつく。
ウエスタン・アクションの「3時10分、決断のとき」は、それなりに楽しめたが、詰めの甘さが残念だった。
今作も、詰めが今ひとつ。
途中で女が強くなるのは良しとしても、唐突。簡単に適地に入り込めたのも、できすぎ。

でも、キャメロン・ディアスにビキニを着せた腕はたいしたもの。

★★★☆☆

PageTop

心配尽きず

チルドレン南が脱皮。
南101112

相棒の北斗に、また風邪の症状。
アンゴラ清明の薬もなくなってきたので、以前お世話になっていた動物病院の先生から紹介された病院にアポの電話。
しかし、あいにくヘビに詳しいという先生は学会などで多忙らしい。
今月は学会があることついては、以前お世話になっていた先生からも聞いていた。
来週にならないとスケジュールが空かないということなので、改めて連絡をとることにした。

PageTop

突然

GTPジャヤプラの常磐が逝った。
引っ越してから食べていなかったのだが、反応はしていたので拒食期間に入ったか、と思っていたのだが。
我が家に来てから4年。
残念。


アマラリ猩丈が脱皮。
猩丈101112

まだ計りは段ボールの中。

PageTop

完成

さてさて、
・特定動物の飼養又は保管の許可を受けたことを示す標識
・人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物であり第三者の接触等を禁止する旨を表示する標識
の2つを設置。
これでようやくボアコンを飼う設備が整った。

標識101111

PageTop

届いた

ボアコンの飼育許可証が届いた。
許可証

あとは、
・特定動物の飼養又は保管の許可を受けたことを示す標識
・人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物であり第三者の接触等を禁止する旨を表示する標識
の2つを作って掲示すれば終了。
やれやれ。

アイボリーボールの真彩が脱皮。
真彩101110

そういえば、計りはどこへやったかな。

PageTop

ようやく

やれやれ、ようやくネットが繋がった。
iPhoneで届いたメールやいつも見ているサイトはチェックしていたのだが、やっぱり小さい画面だとね。

ということで、このブログも、今日から本格的に再開。

引っ越しについて、テツカさん、Masaさん、監督さんからコメントをいただきました。
どうもありがとうございました。

実は今回の引っ越しで、ガラスのケージが1個壊されてしまった。
運良くそのケージはガラス部分を交換できるタイプだったので、引っ越し業者が交換して持ってきてくれた。
今回の引っ越しでは、古くなった空きケージは捨ててきたのだが、まだ比較的新しいケージは持ってきていたので、壊されたケージの住人は問題なくそのケージに収まることができた。

そんなこんなでバタバタしている中でも、ヘビたちは普段通り。
まず、病気療養中のアンゴラ清明が脱皮。
清明101107
まだまだグズグズ鼻を鳴らしている。

トランスペコス丁子も脱皮。
丁子101107
体つきはがっしりしてきたが、目つきは相変わらず可愛らしい。

PageTop