DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

3年ぶり

ミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ〜足ながおじさんより〜」を観た。
公式サイトはこちら。

坂本真綾さんが主演の舞台、3年ぶりの上演である。
初演が2012年9月、再演が2013年1月、再々演が2014年3月、そして今回。
今回は新曲や新しい台詞もあり、新鮮。
この作品を観るのは、私は今回が12公演目。
あと、東京の千穐楽と名古屋の大千穐楽の2公演を観る予定。

スポンサーサイト

PageTop

グランドファイナル

坂本真綾さんのファンクラブイベント2017が今日、名古屋で大千穐楽。
昼と夜の2公演に参加。
昼公演のToday's Specialはファンクラブ会員に配達される年賀状の写真撮影。
入場時に配られた犬のお面をかざした観客と真綾さんのショット。
そして、「everywhere」のコーラス部分を観客が歌うという2本立てだった。
夜公演のToday's Specialは、「グランドフィナーレ」と称して、これまでの公演の舞台裏の映像と、大阪公演でも披露した「Fire Work」。
昼夜ともアンコールは「マジックナンバー」という、大千穐楽にふさわしい豪華な内容だった。

ところで。
昼公演の開演を待っていた私に、「すみません、席を間違えていませんか」と若い男性が声をかけてきた。
その少し前から、私が座っている列の横で、若い女性がずっと立っていて、チラチラ私の方を見ていたのには気づいていたのだが、どうやらその男性の連れだったらしい。
私がチケットをバッグの中から出す間、それまでおしゃべりしていた私の周囲の観客が、ピタリと口を閉ざし、成り行きを見守っているのが分かる。
そうそう、こういうのはたいてい先に座っていた方が間違っていると相場が決まっているからね。
後から来た方は自分が間違っているのではないかと良く確認するし。
しかし、その逆もまた、よくある。
以前、新幹線に乗っていたとき、私にやはり「席を間違えていませんか」と声をかけてきた男性がいたが、号車番号と席番号を取り違えていた。
でもこのミスは私もしたことがあって、その時は検札に来た車掌も気づかずw、トイレに立った際、戻るときにチケットを確認して自分で気づいた。
話を戻す。
私のチケットと男性のチケットを比べると、確かに席の番号はいっしょ。
男性と連れの女性は口々に「えー、そんなことってあるのかなぁ」と声を上げたが、そんなことはあるのだよ、若い衆。
私「それ、夜公演のチケットじゃないですか」。
男性「(チケットを見て)あ・・・すみません」。
夜公演のチケットで昼公演に入ってしまうというのを防ぐために、チケットのもぎりの係は良く確認すべきなのだが、それ以前に2枚のチケットを持っているのだから係に出す前に自分で注意すべきなのだ。
その後、彼がどうしたかは知らない。
夜公演で、昼に私が座っていた場所を確認したい欲求に駆られたが、もちろんやめた。

PageTop

ダイバーシティー

今日は坂本真綾さんのファンクラブイベント「Today's Special」の東京公演に参加。
私が参加したのは初日の夜公演。
で、注目のToday's Specialは、作詞家の岩里佑穂さんをゲストに迎えてのトーク。
いやいや、岩里さんのキャラが強烈で、笑いの連続。
2月にも2人で公開対談があるそうなので、ぜひ参加したい!

PageTop

熊本

今、熊本にいる。坂本真綾さんのファンクラブイベントに参加するためだ。
昨日は鹿児島にいた。
観光列車をいろいろ乗って、熊本に北上。
今日のイベント会場はこじんまりしていて、真綾さんの表情がよく見えた。
で、Today 's specialは、「ボナペティ2017」。
前回のファンクラブイベントの今回バージョンで、真綾さんと食べ物の好みが合う観客を振り分けるというもの。
そして、もう一つは「レア曲」。曲目は、「夜明けのオクターブ」。15周年記念ライブでは、メドレーに組み込まれていたが、フルは初めてとのこと。同曲の熊本弁バージョンも披露。
そして、今回はアンコールも。
真綾さんも期待していたそうでw、曲目は「マジックナンバー」。
充実の内容だった。

PageTop

Today's special

今、大阪にいる。
坂本真綾さんのファンクラブイベントに参加した。
今回のタイトルは、「Today's special」。
回ごとに違うスペシャルイベントが。
大阪の昼の部は、来年のカレンダーの撮影風景のビデオ上映と、映画「SING」で真綾さんが声を当てたロジータが歌った「Fire work」のカバー。
夜の部は、真綾さんの車の運転風景wと、会報で紹介された飴細工への挑戦風景を収めたビデオ上映。
セットリストは内緒。

PageTop