DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

勝利

Digiarty Softwareのデータ管理ソフト「MacX MediaTrans」をめぐるやりとりの続き。
容量の大きいデータをMacとiPad同士で同期すると「デバイスがビジー状態」というメッセージが出て、まったく同期しないか、一部分だけを同期しまうという困った状態になってしまう。
なので、サポートにメッセージの意味と容量に限界があるのか尋ねたのだが、そこから泥沼に(詳しくはカテゴリ「パソコン」を参照のこと)。
さて、2月9日に「誠意あるお願い」として、返金手続きを要請。
しかし、それまでは翌日に届いていた返事が来なくなってしまった。
なので、15日に、これまで技術サポートに送っていたメールを、営業サポートに送信。
そしたら、ようやく、

申し訳ありませんでした。Digiartyが30日間の返金保証ポリシーをご提供します。当社の製品がエラーやバグのせいで正常に動作できなく、我々許容期間内に解決または一時的なソリューションが提供できない場合は、30日間の返金保証ポリシーを提供します。不適切な操作でソフトが動作できない場合もありますので、問題を詳しくまとめて、当社のサポートチームに連絡することをお勧めします。

という返事が。
しかし、この返事の送り主は「Sales & Tech Support Team」となっていて、何のことはない、技術サポートも営業サポートもメールのアドレスは違っても対応するのは同じ部署だったw
なので、

残念ながらMediaTransはもう使うつもりはございませんので、ソリューションの提供は不要です。速やかな返金手続きをお願いいたします。

と書いて送った。
このメールへのDigiarty Softwareの返事が最悪。以下は全文である。

Digiartyのほどんどの製品は無料体験版をご提供しております。購入する前、当社サイトで製品を無料ダウンロードして、試用することができます。間違った製品を購入しないようにご注意ください。無料体験版がありますため、DVD リッピング製品、動画&音楽変換製品、DVDバックアップ製品、携帯管理製品などでは最大30日間の返金保証をご提供しております。しかし、以下のような理由では返金または製品の交換は不可能となっております。
製品の説明を読まずに製品をご購入いただいて、使用後、その機能または結果に不満による返金リクエスト。
クレジットカード詐欺/他の不正支払いに関するお客様からの返金リクエスト。
間違った製品を購入した後、他社で元々ご希望の製品を購入した。或いは単に「好きではない」、「ほしくない」理由、による返金リクエスト。
製品の問題ではなく、間違った操作それともパソコンやドライブなど操作環境の原因でうまく機能できない場合も、返金はいたしません。
詳しい返金情報はこちら:返金ポリシーページ
ログ ファイルを送信したくない場合は、お金の半分払い戻しを提供します、よろしいですか?
あなたはプログラムを保つことができるし、将来の無料のアップグレードも出来ます。」

この「無料体験版」であるが、データの取り込みはできるのだが、それを「同期」することはできない。
「同期」ボタンを押すと「製品を購入するか、しないか」という案内が表示されるようになっていて、すこぶる感じが悪い代物であった。
私の返事。

正直申し上げて、貴社の対応には非常にがっかりさせられ続けています。
まず、ログは「送信したくない」のではなく「送信できない」のです。
これまで何度も「ログは容量が大きすぎて送信できない」とお伝えしております。
また、無料体験版では「同期」ができないため、動作を完全に確認することができません。
もう一度確認させていただきます。
私が知りたかったのは「デバイスがビジー状態」というメッセージの意味と、一度に同期できるデータの容量に限度があるのか、ということです。
ソフトを実行した際に表示されるメッセージについては仕様書があるはずですので、どういう条件でこのメッセージが出たのか分からないはずがありません。
また、一度に同期できるデータの容量についても、ソフトをリリースする際に確認しているのではないでしょうか。
再度お願いしますが、貴社のMediaTransは、もう二度と使いませんので、全額返金を速やかにお手続き願います。

これに対するDigiarty Softwareの返事がこれ。

あまりにも多くの写真を選択すると、エラーが発生可能性があります。少ない写真を選択、試してください。

失笑するしかない。私の返答。

エラーする可能性について、無料試用版のインストール画面またはホームページ上に記載はあるのでしょうか。ちなみに同じ容量のデータでもiPhotoはエラーしません。

Digiarty Softwareの返答。

少ない写真を選択、試してください。

私の返事。

少ないデータ容量であれば成功することはわかっています。大きなデータ容量だとエラーする可能性について、無料試用版のインストール画面またはホームページ上に記載はあるのか、お尋ねしています。ないのであれば、購入して実際に大きなデータ容量の同期をするまでわからないエラーということですので、改めて全額返金の手続きをお願いいたします。

Digiarty Softwareの返事。

ご返金要求を弊社のマネージャーに報告していました。返信を取得した後に返金いたします。

これまでの対応はすべて外国人が相手であった。
このDigiarty Softwareという会社は日本の会社ではないことは最初のやりとりで分かっていたので、メールの最初には、

日本語の文章が理解できるスタッフの対応をお願いします。
Please correspond staff who can understand Japanese sentences.

という文章を必ずつけていた。
では、どこの国の会社なのか。
メールの文章も、いかにも翻訳ソフト経由っぽいし、ホームページの文章も、よく読むとやはりぎこちない。
そもそもこのページには、アメリカの有名アニメに登場するキャラクターが多数表示されるが、コピーライトの表示はない。
ホームページの「会社案内」をクリックするが、具体的に本社がどこにあって、資本金がいくらで、従業員が何人いて、という情報はまったく表示されない。
対応してもらったスタッフの名前からして中国系であることは分かるのだが、正直、非常に怪しい感じである。
本題に戻ろう。

改めて私からは、

全額返金のお手続きをよろしくお願いいたします。

と念押しの返事を送った。これが2月17日のこと。
そして20日来たのがこのメール。

あなたがhttp://macxdvd.com/に注文された商品 #xxxxxxxxに対する返金をさせていただきますのでお知らせいたします。Avangate は Digiarty Software, Inc.の正規代理店として送金の手続きをいたしております。払い戻し金額の3974 JPY、アカウントにはできる限り早く振り込まれます。

翌日にはDigiarty Softwareから、

ご注文した商品の返金要求はすでに処理いたしました。
お金はAvangateを通じて直接あなたの支払い口座に戻す。銀行の手続きには時間がかかるにて、少し時間お待ちください.
ご理解とご辛抱のほど、ありがとうございます。

といういささかぎこちないが、とりあえず返金されるという返事が。

長かった。
最初にトラブルの報告をしたのが1月27日。
ほぼ1ヶ月にわたる交渉がようやく実を結んだ瞬間である。
ただ、エラーメッセージの意味と一度に同期できる容量については、回答を得ることができなかった。

改めて、Digiarty Softwareのソフト「MacX MediaTrans」(ウィンドウズはWinX)について、私の実際に使用した感想。
私はMacに保存している画像をiPadに転送する作業をした。
Mac上ではそれぞれの画像に固有の名前がついていたのが、このソフトはそれを「IMG」という頭文字がつく数字に置き換えて保存している。
なので、iPadのデータをMacに戻すと元の名前が消えてしまい、名前ごとに整理することが全くできなくなってしまう。
さらにそれをiPadに再び同期すると、順番がバラバラになってしまうので、きちんと画像を整理したい人にはお勧めできない。
また、データがGBレベルになると「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージが出て、同期しようとしたデータのすべて同期しないか、一部分しか同期してくれない。
やっかいなのは、一部分しか同期しない場合である。
データがたくさんあると、どこまで同期したか確認するのが大変だ。
なので、一度iPad側のアルバムを削除して、再同期する必要がある。
しかしここでも非常に怖いトラブルが待っている。
以下は、Digiarty Softwareに送った私の報告書。

iPadを接続後、ALBUM-Aというアルバムを作成しました。
次に、このALBUM-Aに、9379枚の写真(4.85GB)を追加しました。
iPadに同期するため「同期」を推した後、1時間以上たって「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージが出ました。表示の「失敗」には、9379枚の写真とアルバムの計9680項目が表示されています。
しかし、「OK」を押すと、ALBUM-Aと写真が追加されていますが、写真の枚数は6607枚(3.47GB)だけになっています。前のメッセージでは「成功」は「0」だったのですが、中途半端に成功していたことになり、齟齬が生じています。
次にALBUM-Aそのものを削除するため、ALBUM-A内の写真を削除します。
続いてALBUM-Aも削除し、「同期」を押しました。
再び「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージが出ました。「成功」は6608、「失敗」は848となっています。「成功」分はALBUM-Aを含めた6608で合っていますが、「失敗」の848は何の数字なのかわかりません。
「OK」を押すと、今度は削除対象ではなかったALBUM-Oも消えてしまいました。

そう、別のアルバムも消えてしまうのである。

このソフトについては、体験者の感想サイトがあるが、扱うのがMBレベルの少ないデータで、なおかつ、データの順番などを気にしない方にとっては、操作も簡単だし、価格も3000円程度なので、扱いやすいだろう。
しかし、GBレベルのデータを扱い、データの順番をMacと同じにしたい、という人にはまったくおすすめできない。

スポンサーサイト

PageTop

く●ったれ対応

MediaTransの対応について、続報。
7日の問い合わせに対して、8日に返事。
「この異常なトラブルにぶつかるのは初めてでございますので、それによるスクリーンショットをご発送頂けましたら、すぐソリューションをご提供させていただきます。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」。
これに対する私の返答。

Sales & Tech Support Team さま
日本語の文章が理解できるスタッフの対応をお願いします。
Please correspond staff who can understand Japanese sentences.
また、スクリーンショットの送信を求められました。
すでに、1月30日、2月6日、2月7日の3回、スクリーンショットを送っています。
スクリーンショットを送ると次に「ログを送れ」というメールが来ますので前もって書きますが、ログは採ったものの容量が大きすぎてメールでは送れません。このことも再三説明しております。
私が知りたいのは「デバイスがビジー状態」というのは、どういう意味なのか、ということと、一度に同期できるデータに上限があるのか、という2点だけなのです。
そのことを何度もお願いしているのですが、一向に対応していただけません。
もう貴社のMediaTransは使いませんので、返金をお願いいたします。
返金ポリシーの「技術的理由」にある、「エラー若しくはバグ表示とともに正常に機能しなく、」に該当すると理解しております。
誠意ある対応をお願いいたします。

さて、誠意ある対応はされるのか。
乞うご期待。

PageTop

6000円無駄に

iPhotoに代わる画像ソフトを探していて、次の2つを試用後に購入。
FonePaw「iOS転送」サイトはこちら。
そしてMinX MediaTrans。サイトはこちら。

しかし、どちらも購入後にトラブルが発生、結局無駄金を払ってしまった。
トラブルはiPadとiMacをケーブルでつないで、画像のやりとりをしているときに発生。
小さな容量では問題ないのだが、「GB」級になるとダメ。

FonePawの方は、アルバムAに画像を転送した後、アルバムBを新規作成したところ、一瞬フリーズ状態になって、その後、アルバムAに転送した写真がすべて消えてしまった。
技術サポートに報告したら、ログを送れという。
しかし再現したらまた画像が消えてしまうじゃないか。
ログを送ってくれないと返金対象にはならいというので、泣き寝入り。

理解できないのはMinX MediaTrans。
そもそもこのソフトはiMacからiPadに取り込む際に画像データの名前を変換しているようで、iPadでの画像の表示がバラバラ。
さらに一度に同期するデータの容量が大きくなると、1時間近く待たされたあげく「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージが出て、全く同期しないか、または一部分しか同期しない。
困るのは一部分しか同期しない場合。いちいち同期されたものとされていないものを確認する必要がある。
なので、一度アルバムを削除して最初からやり直そうとしたのだが、再び「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージが出て、今度はアルバムが削除できなくなった。
なので、エラーメッセージとともに表示された「フィードバック」というボタンをクリック、エラーメッセージの意味と同期するデータの限界を聞いた。それが1月25日のこと。
翌26日に返答が来たのだが、それが全文英語。なんで日本語の問い合わせに英語で返してくる?
要はスクリーンショットを送れと言うことのようだが、また英語で返されると面倒なので、HPかから技術サポートにこのメッセージの意味と、一度に同期できるデータの容量に限界があるのか直接たずねた。
しかし、スタッフが外国人だからか、どうにも要領を得ない。
1月27日の問い合わせに対して、翌28日に来た返事が、「お客様:操作の画面をいちいちご発送頂きませんか?エラー画面をご発送頂きませんか?ご提携くださり、誠に有難うございます。」というもの。
グーグル翻訳か?
スクリーンショットを撮るには、大容量のデータで再び2時間近くかけて再現しなければならないがしようがない。
1月30日に日本語に詳しいスタッフによる対応をお願いしつつ、スクリーンショットを送った。
するとその日のうちに返事が来たのはいいが、内容が「お客様、ログ ファイルを送信してください.」の一文だけ。
おいおい、ログも必要なら最初に言ってくれよ!
そもそも、エラーメッセージの意味と容量の限界を教えてもらうのに、なぜスクリーンショットとログが必要なんだ?
仕様書を見れば分かるんじゃないのか?
という疑問を持ちつつ、再び2時間近くかけてログを採取。
が、ログは全部で6MGバイトあり、iCloud経由では送れないことが判明。
なので31日に「容量が大きくてメールでは送れない」旨の返答をする。
するとその日のうちに返答が来たのだが、今度は「お客様:エラー画面をご発送頂きませんか?ヒント:どの様にプリントスクリーンを掴むのか。下記の通りしてください。(以下省略)」。
ふざけているのか?
2月1日、すでにスクリーンショットは送ってある、ログはメールで送れない旨の返事を送信。
するとピタリと返答が止んでしまった。
6日、再びエラーメッセージの意味と容量の限界について尋ねる。
するとその日のうちに返答が。内容は「お客様、これのプリントスクリーンを添付してお発送頂けましたら、すぐソリューションをご提供させていただきます。」。
「・・・」
折り返し、1月30日に送ったメールをコピペして送信。
7日、「お客様、ログ ファイルを送ってください。」。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ひょっとして返金期限が切れる9日まで、わざと伸ばそうとしているのか?
以下、つい先ほど送ったメールのほぼ全文。さて、今度はどんなとぼけた返事が来るのか。

Sales & Tech Supportさま
日本語が完璧に理解できるスタッフによる対応をお願いします。
いったい、何度同じことを要求され、回答すれば気が済むのでしょうか。
返信するたびに「スクリーンショットを送れ」と指示され、送ると「ログを送れ」と指示され、「ログは容量が大きくてメールでは送れない」と返信すると、再び「スクリーンショットを送れ」と指示されています。
なので、改めて同じ文面をお送りします。
まず、何度も何度もお願いしているのですが、「デバイスはビジー状態であり、後でもう一度お試しください」というメッセージの意味を教えてください。
メッセージの意味を調べるのに、スクリーンショットもログも必要ないはずです。
それから、これも何度も何度もお願いしていますが、一度に「同期」できるデータの容量に上限があるかどうかも教えてください。
ソフトを開発する際、調べているはずです。
ログについては、1月31日にお知らせしたとおり、容量が大きくメールでお送りすることができません。
またスクリーンショットを要求される面倒なので、再度お送りします。

PageTop

実録データレスキュー

昨年12月に落ちた我がiMac。
最初はSafariが立ち上がらなくなり、iMac自体を再起動しても「?」マークのついたフォルダーが表示されるようになった。
ネットの情報やアップルサポートのアドバイスを受けながら復旧を試みたが、「SMARTエラー」が表示されて、事実上HDDがクラッシュしていることが判明。
結局業者に頼んでデータ復旧を依頼することになった。

アップルサポートからは「オントラック」「PCキッド」の2社を推薦されたが、支払いが現金のみとのことなので、カード払いもできる業者を検索。
本体の持ち込みも便利な「デジタルデータリカバリー」に決めた。
12月21日午前1時にメールで問い合わせ、当日午前10時に電話で返答が来た。
その日のうちに本体を持ち込んだところ、当日午後4時ごろに復旧可能であるとの電話連絡が。
なんでもHDを読み込む部品が破損しているということで、見積もり段階で12万円ほどかかるという。
もし急ぐなら復旧したいデータを絞れば早くできるというので、メールのデータとiTunesのライブラリの復旧を依頼。
すぐに発注フォームがメールで送られてきたのだが、作業終了予定日は12月26日で金額は税込み198,720円。承諾して返信した。

予定は未定、作業終了は2、3日遅れるだろうと思っていたが、29日になっても何の連絡もない。
こちらから電話していつ作業が終了するのか問い合わせたところ「本日中には終了する。復旧したデータのリストを送る」という返事。
気になったのは「お待たせして申し訳ない」という言葉がなかったこと。
まあ謝罪を要求しているわけではないので待つことに。
しかし結局その日には終了の連絡がなく、じれたので31日に再度電話。
相変わらず「お待たせして申し訳ない」との言葉はなく、今度も「本日中には終了する。復旧したデータのリストを送る」と言うので、「29日もそう言われた。今回は確実ですか」と問うと「確実です」との返事。
だがしかし、結局その日も連絡なし。
新年早々腹立たしいことこの上ないが、悪いことは続くもので体調を崩して38度の熱が出てしまったので、三度目の抗議は見送り。
そしたら、1日の午前11時にようやく作業終了のメールが到着。
布団の中で確認したが、このメールにも「お待たせして申し訳ない」の文言はなし。
うーん、データ復旧業界は期限を守らないのは当たり前なのか?
メールには復旧したデータのスクリーンショットを添付していると書いてあるのだが、添付ファイルは請求書のみ。
iPhoneでは開けないファイルが添付されているのか?と思い、12月27日に注文したiMacが1月2日に届くので、それで開くことにした。
2日、熱も下がり、新しいiMacも届いたので、心機一転。
くだんのメールを確認したが、やっぱり請求書のファイルしかない。
21時にメールで次の文面を送った。

============================================
デジタルデータリカバリー 担当者様

お世話になっております。
そちらにiMacのデータ修復を依頼している者です。
この度は修復完了のご連絡ありがとうございました。
しかしながら、6枚添付されているはずのスクリーンショットが1枚もございません。
添付されていたのは請求書だけです。
今回のデータ修復につきましては、12月26日に完了予定とのことでした。
とはいえ、難しい案件とのことでしたので2、3日はオーバーするだろうと思っていたのですが、29日になっても連絡がないので、午前10時過ぎに当方から連絡したところ、「本日中に修復リストを送る」とのことでした。
しかし、その日には全く連絡がなく、31日正午過ぎに再度連絡したところ、再びその日のうちにリストを送るとの返事でしたので、「確実に送っていただけますか」と念押ししたところ、「確実にお送りします」とのお返事をいただきました。
結局、修復完了のメールが届いたのは1日の11時すぎです。
しかも、添付なしの上、1月4日までに返事しろとのこと。
一つお尋ねしたいのですが、メールにある、「パスワードはご登録の際に伺った、電話番号下4桁となります。」とある、パスワードは一体どこで入力すればよろしいでしょうか。
どこかで入力すれば添付していただけるはずだったデータが見られるのでしょうか。
期限まであまりないので、至急スクリーンショットをお送りください。
よろしくお願いいたします。
============================================
24時間365日営業とはいえ、すぐには返事が来ないだろうと思っていた。
案の定来なかった。
しかし、翌3日朝になっても連絡がないので、午前10時に電話。
添付ファイルがないことを訴えると「あ、今担当者が送ったそうです」と言う。
そば屋か。
届いたメールには添付ファイルとともに、ようやく「ご連絡が遅くなってしまい誠に申し訳御座いませんでした。」との文言が。
これまでのやりとりで初めてである。

復旧データが入った外付けHDDとiMacが届いたのが5日午前。
実に復旧を頼んでからほぼ半月。
正月三が日を挟んでいるとはいえ、「365日診断・持込・復旧・納品可能」をうたっている会社である。
こんなにかかるとは思わなかった。

さて、復旧してもらったデータであるが、メールとiTunesのデータのほかに、写真データも復旧されていた。
最初の電話で、「写真データはバックアップがあるので復旧しなくていい」と告げたのだが。
これをサービスととるべきか、復旧遅延の原因ととるべきか。

PageTop

深刻

クラッシュしたiMacであるが、アップルサポートセンターのエキスパートスタッフからの指示のかいなく、HDDが逝ってしまった。

サポートセンターのアドバイスに従って、外付けHDDを購入、iMacからのデータのコピーを試みた。
最初はiMacのHDDが開けたので、外付けHDDに「ユーザ」のフォルダーをコピーしようとした。
しかし、20時間以上経っても「コピーの準備中」から進まない。
いったんコピーを中断して、中身の細かいデータをコピーしようとしたのだが、フリーズ(レインボーサークルがぐるぐる)。
今にして思えば、さっさとあきらめて、違うデータに取りかかれば良かったのだが、几帳面な性格が災いしてか、このデータに固執してしまい、何度か再起動をしているうちに、結局HDDそのものが開けなくなってしまった。
こうなってはエキスパートスタッフもお手上げのようで、外部のデータ復旧業者に頼んで復旧してもらうことを勧められた。

で、会社の近くにあって、支払いをカードでできる業者にiMacを持ち込み、データ復旧を依頼。
その日のうちに見積もりが上がったのだが、最大20万円だという。
まあ、1T10万円というのが相場のようなので、覚悟はしていたが、もう1台iMacが買えるではないか!
業者によると、HDを読み込む「針」の役目をする部分が壊れていたという。
何となく論理修復かな、と思っていたのだが、よもやの物理修復とあいなった。
「復旧して欲しいデータはメールとiTunesだけ」と伝えたので、もう少し安くなるといいのだが。

たとえiMacが戻ってきても信用できないので、結局買い換えることになるんだろうな。

PageTop