FC2ブログ

DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

慌ててはいけない

昨年12月あたりから、ネット・サーフィンしていると、突然現れるこの画面。
スクリーンショット 2019-01-04 194917

Macを使ってもう20年近くになるが、こんな画面はみたことがない。
正直怪しいので、左上のアップルマークをクリックしてみると・・・

スクリーンショット2019-01-04 194935

この画面に。
この画面の下部には、
「© AdvancedMacTuneup.com, 2019. 著作権所有。 iPod®, iPhone®, iPad®, iTunes® と Mac® は Apple Inc., のトレードマークです。U.S.と他の国に登録されています。 AdvancedMacTuneup.com はApple Inc. に所属していないのでご注意ください。」
との注釈が。
笑えるのが、最初の画面でアップルマークを使っていながら、「 AdvancedMacTuneup.com はApple Inc. に所属していない」と書いているところ。
ちなみに、「本家」のサポート画面はこちら。

スクリーンショット 2019-01-04 195137

左上のアップルマークをクリックすると・・・

スクリーンショット 2019-01-04 195146

しっかり自社製品の広告が。
念のため、私のMacに実装しているノートンのウイルススキャンを走らせると・・・

スクリーンショット 2019-01-04 195226

この通り。
好奇心から「 AdvancedMacTuneup.com」を検索してみたが、英語のサイトばかりで日本語はない。
このサイトの「プライバシーポリシー」をクリックしても全文英語。
「お問い合わせ」もタイトルのみ日本語で後は英語。
「利用規約」も全文英語で、何が書いてあるのが私には分からない。
もちろん、言語の選択ボタンもない。

そもそも最初の画面の説明文がたどたどしいし、「今スキャンして」という言葉遣いもうさんくさい。
このボタンを押すと、いったい何を「スキャン」することになるのやら。

スポンサーサイト

PageTop

6代目、6台目

iPhone8を購入。
iPhoneはこれが6代目。
粧子101209

色は、初代3Gから黒系またはシルバー系で通してきたが、今回はご覧の通り「PRODUCT RED」。
PRODUCT REDの製品は、これまでも購入していて、iPodもこの通り。
浮雲101211

これも6台目。

PageTop

アップルを装うフィッシングメール

今朝、私のメールにこんなものが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スクリーンショット 1
スクリーンショット 2018-05-14 9.31.03
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなメールは届いたことがなかったので、「どういうこと?」と思った。
しかし、私の名前が一切ないことに疑問を抱き、アップルサポートへ電話。
調べてもらったら、フィッシングメールだった。
アップルマークを使って、いかにも「アップルからの知らせですよ」と装っているところが恐ろしい。

そもそも、アップルからのメールだったら、私の氏名宛てに送るはずだし、添付ファイルではなく、リンク先を記述するのではないか。

皆さんもご注意を。

PageTop

解釈(長文)

先日、腕時計を某オークションで売った。
その時の商品説明は次の通り(伏せ字以外は原文のまま)。
「2012年に国内の家電量販店で購入した正規品です。付属のマニュアルなどの冊子、タグ、ケースはそろっています。正規の保証書、店発行の保証書もあります。店の保証書に書かれた型式番号は●●●●、固有番号は●●●●です。普段使いしていた品なので、それなりに細かい傷があります。ガラスには目視では傷は見当たりません。傷の程度については、感じ方に差があることをあらかじめご承知おきください。」
それなりに傷があったので、開始価格は購入金額のほぼ5分の1。
ところが開始価格の4倍ほどで落札された。
不安だったのは、落札者の悪い方向の評価が全評価の2割あったこと。
とはいえ、ここ最近は悪い評価はなかったので、取り引きをすることにしたのだが・・・、
まず、なかなか落札者情報を入力してくれない。
メッセージの形で「銀行振り込みはできるか」「発送方法は何ができるのか」など、開示している情報に書いてあることばかり聞いてくる。
業を煮やして「まずはそちらの情報を入力してください。」と送ったらようやく入力。
そして、今度は「支払いがしばらくできない」と送ってきてその15分後に「今日振り込んだらすぐ発送できるか」という連絡。
私は仕事中なので、「できない」と返事すると「では、支払いも急がないでおきますね。」・・・・どういう意味だ?
私から「22日中までにお支払いが確認できましたら、23日の午前中に発送いたします。」と連絡したら返答は「かしこまりました。カード決済ですので23日お支払い可能です。」・・・なぜ1日ずらす?
翌日の昼間に今度は「当方週末●●にいるのですが本日手渡し可能ですか?」という連絡が。
商品説明に「発送方法は宅配便のみ」と書いてるにもかかわらず。
まるで、私は暇な人間であるかのような申し出に次のように返事。
「「当方週末●●にいるのですが本日手渡し可能ですか?」というのは、私に「●●まで来い」ということでしょうか。オークション終了から本日まで取引連絡が多く、しかも支払いもまだという事態に戸惑っております。」
これに対し、
「●●様のお住まいが近かったので、お伺い出来たらと思いました。お支払いはお約束通り本日します。受け取りの関係で発送先が変わり、また時間指定は明日の夜指定を希望します。」
つくづく身勝手。
しかし、その後すぐに振り込まれたので、新しい発送先に伝票を書き換えて通勤途中にあるコンビニで発送。
さて、ここからである。
その3時間後、仕事の休憩中にメールを見たら「私、お支払い日を23日と勘違いをしておりました。発送は本日可能でしょうか??」という連絡が。
いやいや、「23日お支払い可能です」と書いてきたではないか。更に言えば、本日発送しないとあなたの指定通りに着かないではないか。
なので、「すでに発送しております。帰宅後に改めてご連絡いたします。ご指定通り明日24日の夜に到着予定です。」と返事。そしたら、
「発送されているんですね。発送先が自宅とは違うのですがよろしいでしょうか?伝票番号を確認後よろしくお願いします。」という連絡。
発送先の変更も時間指定もあなたがしたんでしょう。
その30分後、今度は「仕事の都合上受け取りを店舗に変えたいので、配送業者と問い合わせ番号をお願いします」という催促の連絡。
この連絡を確認したのは仕事が終わった午後9時。
「悪い評価が2割だけのことはある」と思ったが、本当の勝負はここからであった。

受け取りの第一声が「今受け取りました。ただ、バックルが壊れてます。金返してください」。
15分後、「●●万も高額なお金払ってるのに。家近いし、バックル修理代払わないなら家言って話しましょうか?●万円返してくださいよ。こっちは貴方の物を買ってすでに別の時計売ってるんですよ。ちゃんとした物と信じて買ったのにこれは酷いですわ。連絡くださいね。」と恐喝まがいの連絡。
「いや、別の時計を売ったのはそちらの都合でしょう」と思ったが、「全額返金にも応じるが、その場合は時計を返品してもらう。振込先の連絡を」という旨の連絡をしたら、「どんだけ身勝手な人なわけ?そっちの言い分ばかりふざけんなよ。金返せよ!今すぐ!」とキレられた。
丁寧な書きぶりから一転、気に入らないことがあるととたんに乱暴な調子になるのは、問題のある落札者に共通する点だ。
発送までの経過を見る限りでは、身勝手なのはいったいどっちよ、と思うところである。
こちらが返事を送る前にすぐ続けて「ギャンティも貴方の名前では無いし、どこで買ったのですか?査定に行っても信じられない金額での買取で本当最悪な取引です。傷がとにかく多い。説明と全然違いますよ。それでいて一度返品しろと?そんな勝手な事ばかり言ってるようなので振込停止依頼かけますよ?俺の振込が水曜とかよりこちらはちゃんと使えないものを送られてるんです。金払って損ですよ。ちゃんと返金があればいいの文句はいいませんし、振込停止依頼もかけません。最悪振込ない場合は家に行きます。それだけの大金払ってますから。」と、再び恐喝まがいの連絡。
ちなみにどこで買ったかは同封した証明書にも書いてあるし、並行輸入品だから私の名前でないことは当たり前である。また、傷があることは商品説明にも書いてある。
気になるのは「査定に行っても信じられない金額での買取で本当最悪な取引です。」という部分。
まさか、返品に応じないのは転売したから?
なので、「ひょっとして、すでに落札した商品を売ってしまったと言うことでしょうか。」と質問。
しかし、その問いには真正面からの回答はせず(まるでどこかの宰相だな)、
「こちら買取金額はバックル不具合、記載に無いベゼル6時にある打コンなどでマイナス査定で●●万円。びっくりな値段ですよね。説明に打コン無いと記載しているにも関わらず。●万円の詳細は文字盤交換、打コン研磨、バックル不具合はサービスでやってくれるそうです。説明に無い事に関しては、修理代をお支払いください。私は支払いちゃんとしました。偉そうに色々言ったんですがら自身も責任を持って返金してください。話が分からないなら会いに行きます。」
つまり、時計を受け取ってすぐに転売しようとしたが希望額より低かったのでオーバーホールに切り替えた。しかし、腹の虫が治まらないので難癖をつけた。というのが真相のようだ。
なるほど私の返品の要求に応えられないはずだ。普通なら、受け取って気に入らなければ「返品するから金返せ」と言ってくるはずである。
ただ、冒頭の商品説明にもあるように、私は「打コン無い」とは書いていない。
また、連絡のあった査定額は私の開始額の3倍!私なら二つ返事で応じる額だった。
まあ、こちらは開始価格の4倍で落札してもらったんだし、これ以上こじらせるのも煩わしいので修理代の支払いに応じた。

それにしても、いちいち「あなたの家に行く」「会いに行く」と書いてくるのは、なんなんだろうか。
翌日、役所が開いている無料法律相談へ足を運んだ。
Q 修理代を払ったが、これは払う義務はあったのか。
A 壊れていたということなので、払うべきでしょう。ただ、払う金額については、修理の際の領収書をもらった方が良かった。
Q たびたび「あなたの家へ行く」と書かれたが、脅迫では。
A 脅迫に当たる可能性がある。1対1で合わずに警察に連絡した方がいい。

納得。
対応していただいた弁護士は、落札者とのやりとりをプリントアウトした紙を読みながら、クスリと笑って「変わった人ですね」。
同感。

今回の取り引きに限らず、最近、出品者に対して「身勝手だ」「上から目線だ」「何を偉そうに」といってくる落札者が増えていると感じている。

ある取り引きでは、落札者が「きちんと発送していただけるか不安なので、発送時の問い合わせ番号を教えてほしい」と連絡してきた。商品説明には「問い合わせ番号を教える」と書いてあるにもかかわらず。しかも、私が発送しない可能性まで考えている。
なので、「見ず知らずの人と取り引きするのがネットオークション。不安ならやめた方がいい」と「アドバイス」したら、「悪い」評価と共に「オークションに参加するなと言われた」と書き込みが。
いや、そうは書いていないから。

別の取り引きでは、出品への問い合わせに「上から目線の商品説明はやめなさい。 もっと商品をリサーチしてから、出品しなさい わかった。」と書き込みが。
なので次のように返事。
「ご指摘ありがとうございます。あいにく、説明のどこが「上から目線」なのか、わかりかねます。会ったこともない人に「やめなさい」だの「わかった」だのと説教を垂れる方が、上から目線だと思います。」

おっと、こういう書き方をするから「上から目線」だと書かれるのかw

PageTop

見送り

iPhone 8とXが発表された。
アップルの公式サイトはこちら。

うーん、期待していたレッドは出ないのか。
まだiPhone 7plusの支払いも残っているし、今回は見送りだな。

PageTop